新年の目標で挫折しない3つの方法

新年の目標

こんにちは!

そして、

あけましておめでとうございます!

ハナサク会話堂 講師のさとです。

ついに2020年が幕を開けましたね!
キリのいい年号&オリンピックイヤーなだけに、自分も心機一転がんばるぞ〜!なんて気合いが入りますよね(^^)

…僕は新年そうそう風邪をひいていきなり出鼻をくじかれましたが(~_~;)



みなさんはもう今年の目標とか決めましたか?

このブログを読んでくださっている方の中には

「今年こそはコミュ障を克服するんだ!」

という目標を立てた方も多いと思います。

でもなんと、

新年の目標を立てた人のうち、

完遂できた人の割合はだいたい10%しかいないのです。

しかも!

挫折した人の半分以上はひと月持たずに諦めてしまったというのです。

これらの数値はアメリカ人やイギリス人を対象にした調査結果をもとに書いていますが、感覚としては日本人もそう変わらないはずです。

でもせっかく立てた目標なんだから、あなたは10%側に入りたいですよね?

というわけで今日は、

実際にコミュ障を克服した僕が実践してきた

目標を途中で挫折しない3つの方法

をお伝えします!



① 動機付けをはっきりさせる

まずは、「なぜその目標を達成したいのか?」という動機をはっきりさせましょう。

例えば「コミュ障を克服する」であれば、
「克服したほうが生きるのが楽になりそうだから…」みたいなぼんやりした動機では高確率で挫折します。

なぜなら、

あなたは生きづらいなりに今まできちんと生きてこられたからです。

人の脳には恒常性というものがあって、今の状態を維持しようとする働きがあります。

これが三日坊主を引き起こす原因です。

この恒常性に打ち勝つには、心の底から「この目標を叶えたい!!」と思えるような強い動機を持つことです。

そのためには、

この目標を達成したら、こんな素敵な未来が訪れる!

という「ワクワク」

と、

この目標が達成できなかったら、こんな最悪な未来が訪れちゃうかも…。

という「ビクビク」

この両面を具体的にイメージしてみてください。

そして紙に書き出してみましょう。

多分面倒臭がってやらない人の方が多いと思いますが、
これはめっちゃ効きます!

人に見せるわけではないので、自分の本音をすべてさらけ出すのがコツですよ(^^)



ちなみに僕の場合は、

  • 克服したら話し方教室を開いて同じ悩みを持つ人たちの力になりたい
  • 最高のパートナーを見つけて共に生きていきたい
  • 会社にしばられる生き方はしたくない
  • このまま誰とも深い関係になれずに一生を終えるなんて悲しすぎるから嫌だ

などの動機を胸に行動つづけ、コミュ障を克服することができました。



② ワクワクとビクビクをたまに見返す

目標を立てた直後はワクワク&ビクビクの力で意欲的に行動できたとしても、やっぱり人のやる気ってそうそう長続きしないものです。

次第に「今日は疲れてるしいいかな〜」と行動をサボりがちになり、そのまま目標の存在自体を忘れてしまう人も…。

というわけで二つ目の方法は、

①で書き出したワクワクとビクビクをたまに見返すことです。

なので見返しやすいように、いつも持ち歩いているもの(手帳やスマホのメモ帳)に書いておくといいですね♪

見返したときに前ほどやる気が湧いてこないと感じたときには、もう一度イメージして新たなワクワクとビクビクを書き足してみましょう。

僕の場合は「将来、こんな話し方教室を作りたいな〜」というアイデアを書き出すためのノートに書き込んで、気持ちが折れそうになったときに見返したりしてました(^^)



③ 小さくても行動し続ける

どれだけ動機付けがしっかりできていても、ただ願うばかりじゃ目標は達成できません。

目標に近づく唯一の方法は「行動し続けること」です!

コミュ障克服に関して言えば、大事なのはいつも言っているように
「学びと練習の繰り返し」です。

僕がどんな風に学びと練習を繰り返してきたのかについては前回のブログで詳しく書いているので参考にしてみてください。


ここでも行動が続かなくて挫折してしまう人は多いのですが、
挫折しないコツは「行動しなきゃいけない環境に身を置くこと」です。

僕で言えば、

  • コミュニケーション講座を受講する
  • 接客業に就く

などがそうです。

仮にやる気が出ないときでも、
講座に行けば、元を取るために全力で学び練習します。
仕事に行けば、お給料のためにお客さんを接客します。

そうやって半強制的に行動せざるを得ない環境に身を置くことで
行動することが習慣になっていきます。

そして一度行動が習慣化すれば、挫折する可能性は一気に減少します。

だから人とたくさん話す仕事に就いていない(就きたくない)人ほど、話し方教室や講座に通うことって必要だと思うんですよね。

本やネットのほうが安上がりですが、それらでノウハウを学んでも多くの人は実践までしません。

だから多少費用はかかっても、着実に成長できる道を選んだほうが結果的に経済的だと思いませんか?

なにも一生通うわけではなく、せいぜい3ヶ月から半年くらいのことなんですから(^_^)

それだけの期間がんばりさえすれば、大げさでなく人生は変わりますよ!



今年こそは本気でコミュ障を克服したいと思うのなら、どうか少しだけ自分を律して行動してみてください。

その先には、あなただけの「ワクワク」が待っています。

そのための場としてハナサク会話堂を選んでくださったならば、僕が全力でサポートさせていただきます!



話し方教室ハナサク会話堂