「話したい」と思われる人になるには?

こんにちは!
ハナサク会話堂 講師のさとです。

というわけで今回も、
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

他人から「話したいな」と思われる人になりたいのですが、そのために何をすべきでしょう?
Nさん(30代男性)




聴き上手を目指そう

他人から「もっとこの人と話したいな」と思われること、

これは「聴き上手になること」と同義です。

なぜなら聴き上手な人とは、
「相手から色んな話しを聴きだせる人」だから。

そしてそんな人になるには、
相手から「この人にならもっと私のこと打ち明けてもいいかな」
と思われることが絶対条件だからです!

聴き上手の条件



そこで必要になってくるのが

  • 質問力
    質問して相手の話しを聴きたがること
  • 反応力
    いざ相手が話しはじめたら適切な反応を返して、相手の「しゃべりたいスイッチ」に火をつけること

です。

詳細はそれぞれの講座でくわし~くお伝えしてますので、
聴き上手になりたいあなたはぜひセットで受講してみてください(o^―^o)

質問力コースへ

聴き方コースへ



聴き上手になるには「聴くこと」だけが全てじゃない!

聴き上手の二本柱が前述した

「質問力」「反応力」 です。

でも、

他にもあなたが聴き上手に近づくためにできることってあるんですよ!

例えば・・・

  • 自然な笑顔が出せるよう表情筋を鍛える、身だしなみを整える
    見た目の印象が良くなることで、話しかけてもらう機会が増えます。
  • 共通点を見つけて食いつく
    人は「自分と似た部分が多い人」にほど本音を打ち明けやすいもの。
    些細な共通点でもたくさん見つけて認知しあっていくことで、心を開いてくれるようになります。(=類似性の法則)

このように、

人間関係を良くするためにできる行動の全てが、

あなたを聴き上手に変える力となってくれます。

聴き上手になろう

「この人にもっと話し聴いてほしいな」

そう思われる人に近づけるよう、できることから始めていきましょう♪



話し方教室ハナサク会話堂