苦手な相手との接し方

こんにちは!
ハナサク会話堂 講師のさとです。

今回もはじまりました、
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

苦手なタイプの人と話すとき、緊張してしゃべれなくなります。
どのように乗り越えればいいでしょう?
Hさん(20代女性)


マジメな内向型さんは緊張しがち

緊張するときってどんなときかというと、

「失敗したくない!」という気持ちが強すぎるときです。

例えば、

大勢の人前でスピーチをするとか、
契約を取るためにお客さんの前でプレゼンをするとか、
片思い中の人に告白するとか、

こういう状況で緊張するのは無理もありません。

緊張

ところが内向的な人の場合、
マジメで完璧主義な性格が災いして
「1対1」の会話でも緊張してしまいがち。

「うまく話さなきゃ」「嫌われないようにしなきゃ」

そんな考えにとりつかれて、自然体で会話に望めなかったりします。

相手が初対面だったり苦手なタイプだったりするととくに!

こういう性格がいい方向に作用することもあります。

仕事では特定の分野のプロフェッショナルになれたり、
マジメさが相手の信頼を得ることに役立ったり。

ただ、

人間関係においては完璧主義は足かせにしかなりません。

なぜなら、

出会った人すべてといい関係を築くなんて、誰にも不可能だから!



人間関係に完璧はない

人の性格は一人一人異なります。
好みのタイプにしたって、皆バラバラです。

元気な人が好きな人もいれば、
落ち着いた人が好きな人もいる。

のんびりした人が好きな人もいれば、
キビキビ動く人が好きな人もいる。

いつも前向きな人が好きな人もいれば、
ちょっとくらい愚痴をこぼしてくれる人が好きな人もいる。

だから、

「全員から好かれることはできない」

「全員といい関係を築く必要はない」

そう割り切ることが大切です。

割りきる

とくに僕たち内向型人間の場合は
人付き合いに消極的なので尚更です。

僕だってコミュニケーション講師をしていますが、
超内向型な性格は変わっていないので
今でもグイグイくる人たちと関わるのは苦手です。

極力近づかないようにしています(^^;)

でも、

いざそういう人と話さなきゃいけないときでも、緊張することはあまりありません。

「合わない人とは無理に仲良くしなくていい」
と割り切っているからです。

まぁ、威圧的な人だと「変なこと言って絡まれたらイヤだな~」なんて思うので、
今でもやっぱり緊張しますけどね(~_~;)

「割り切ろう」と思って間単に割り切れるものじゃないことは重々承知していますが、

こればっかりは何度も自分に言い聞かせていくしかありません。

「別に全員と仲良くなれなくてもいいや」

そう思うことができれば、ガチガチに緊張することは自然と減っていくはずです。



楽しく雑談できなくても、最低限の会話ができればOK

苦手なタイプの人と関わらなきゃいけない場面はどういうときかというと、

おそらくプライベートより仕事関係のほうが多いと思います。

プライベートの場合は苦手なタイプの人と知り合っても
極力会わないようにすればいいだけです。

でも職場の人や取引先の人ともなると、
あまり露骨に避けることはできません。

そんなときには、

「雑談はできなくても、業務上の会話さえ問題なくできればOK」

と考えましょう。

会ったら挨拶をするとか、
仕事の連絡はきちんとするとか、

「拒絶はしてませんよ」というスタンスさえ守っておけば、
極端に嫌われることはありません。

仕事の会話


無理に雑談しなくてもいいじゃない!




話し方教室ハナサク会話堂