相手の話しを引き立てるあいづち

こんにちは!

地元のサンマルクカフェが閉店してしまいショックを隠しきれない、
ハナサク会話堂 講師のさとです。

サンマルクのチョコクロが恋しいです…(´・ω・`)

…というわけで、はじまりました!
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

相手を引き立てるあいづちはありますか?
Mさん(20代男性)


ホメるのは恥ずかしいというあなたに

相手を引き立てるあいづちとは?

これに対する答えは、

「どうすれば相手は気持ちよく話せるのか?」

を考えればおのずと見えてきます。

・・・見えてきました?

「ホメればいいんじゃないですか?」
と思った人、多いかもしれませんね。

もちろんOKです。

相手の話しを聴いて「すごいな~」「さすがだな~」と感じたなら、
素直にホメてみてください。

「でもホメるのってなんだか照れくさし、
媚びてると思われそうで苦手なんだよな~。」

なんて思ってしまう人も多いかと思います。

ホメる



僕も決してホメるのは得意なほうではないので、お気持ちはわかります。

というわけで、

そんな人でも無理なく簡単にできる、とっておきのあいづちを紹介します!

それが、「驚くこと」です。



驚きの反応をもらうのは気持ちいい

相 手「毎朝、5キロ走ってるんです。」
あなた「えー!5キロも~!?」

相 手「実は…彼女できたんだ。」
あなた「えっ、ホントー!?おめでとー!!」

このように
「えー!」とか「すごーい!」とか
「ホントー!?」とか「マジで!?」とか

短くてもいいので、驚きのあいづちを打ってみてください。

きっと相手から笑みがこぼれるはずです。

驚く



自分の話しを聴いて驚いてもらえるって、
すっごく気持ちがいいことなんですよ!

なぜなら驚くってことは、

「あなたの話しはエキサイティングで面白いよ!」というサイン

だからです。

自分の話しを聴いた人が興奮している様子を見て
イヤな気持ちになる人はいません。



カッコつけることより相手を気持ちよくすることを考えよう

あんまり簡単に驚くと自分の無知をさらしているようでカッコ悪いんじゃないか…

後輩や年下の話しにあまり大げさな反応を見せると威厳がなくなるかな…

なんて思ってしまう人もいるかもしれません。
(とくに男性に多かったりします)

でも、

何を話しても
「うんうん、そういうこともあるよね。」
みたいな、すべてを悟ったような態度をとられてしまうと…

正直、話している側は超~つまらないです!!

話し甲斐が全くありません!

いいじゃないですか、無知だと思われたって。

相手にドヤ顔されたって。

小さなことでも「すっげー!」って驚いてくれる人のほうが
話し手は自分が主役になれた気がして気持ちよくなれるんですから。

ちょっとでも「へ~」と思ったら、しっかり驚いてあげましょう!

驚く

おどろきのあいづちは、

相手の話しにスポットライトを当てること!



聴き方コースへ
あいづちから共感まで、聴き上手スキルが身につく講座はコチラ!