会話が続かない人が見直すべきポイント

さと

こんにちは!
ハナサク会話堂 講師のさとです。

だいぶ遅くなりましたが…

あけましておめでとうございます!

2019年最初のブログです(o^^o)



「人と会話していても全然続かない…」

そんなあなたは、会話のバランスが偏っているのかもしれません。

会話のバランスって?

実はこれには2つの基準があります。

「アクションの比率」

「話題提供の比率」

です。

今日はそれぞれのバランスについてお話ししていくので、
ぜひご自身の普段の会話を思い返しながら読み進めてみてください(^^)

会話のバランスを見直そう



アクションの比率

会話中のアクションは、大きく次の3つに分けられます。

「話す」「聴く」「質問する」

多少の得意・不得意はあっていいですが、
どれか一つでも比率ゼロ%に近いアクションがあると
会話を続けたり、誰かと親しくなるのは難しくなってしまいます。

話す・聴く・質問のバランス

「話す」がゼロの人とは、自分のことを話さない人です。
それだと相手はあなたがどんな人なのかわかりません。

正体不明の人物に自分のことを打ち明けたいと思う人はいませんから、
あなたが無口すぎると相手も無口になっていってしまいます。

「聴く」がゼロの人は2種類います。
「自分ばかりしゃべる人」と「聴いてはいるけどずっと黙っている人」です。

このブログを読んでいる人に前者はほぼいないと思いますが、
無口すぎて後者になってしまっているコミュ障さんは多いです。

「黙っているから、ちゃんと聴いているのかわからない」
「私の気持ちや考えをわかってくれたのかわからない」

そう思われたが最後、相手は心を閉ざしてしまいます…。

相手に全く「質問」しない人は、いわば「相手に興味がない人」です。

「私はあなたに興味ありません」
「その話しについて聴きたいことはありません」
というメッセージになってしまうので
当然、会話は途切れやすくなります。

3つの力をバランスよく身につけることが、

「会話が続かない」を克服する鍵です。

会話が続く



コミュ障さん向けのアドバイスなどでよく
「話すのが苦手なら聴くことに専念しましょう」なんて意見を見ますが、
それで会話が続くのは相手が相当なおしゃべり好きな場合に限られます。

そもそもずーっと話しを聴くだけじゃ、
あなたは永遠に「会話って楽しいな」と感じられるようにはなれません!

聴き上手が好かれるのは間違いない事実ですが、
だからといって「話すゼロ%」はさすがにやりすぎと言えるでしょう(^_^;)

アクション比率の理想は、

話す3:聴く5:質問2

くらいにすることです。

今のあなたの割合は、どれくらいですか?



話題提供の比率

もう一つのバランスは「話題提供の比率」。

つまり、

「私と相手、どちらがどれだけ会話のキッカケを作ったか?」

ということです。

話題を提供する

これは最低限、

自分スタートが2割以上

に持っていくことができればOKです。

会話が続かない人が陥りがちなのが
「会話のスタートを相手任せにしてしまう」という状況。

内気な性格の人ほど自分から話題を振ることにブレーキがかかってしまうのはわかります。

ただいつも相手から話しかけてもらうのを待つばかりでは、
「本当は私と話したくないのかな…」と思われてしまっても仕方ありません。

積極的にコミュニケーションしようとする人のほうが好かれやすいことは紛れもない事実です。

せめて5回に1回くらいは自分から話題を振れるようにがんばってみましょう。

話題を振るというと、どうしても自分から

「そういえばこの前、こんなことがあってさ~」みたく
ネタを披露しなきゃいけないんじゃないか?

と思うかもしれませんが、

質問して相手にしゃべらせたっていいんです。

「週末はどこか行った?」とか
「そのコート、暖かそうですね!」とか。

内向的な僕たちにとってはこのほうが簡単です♪

だからあまり難しく考えず、
気になったことを質問してみましょう!

質問する方法もある



まとめ

というわけで、

会話が続かない人にチェックしてほしい2つの比率についてお話ししてきました。

  • 話す・聴く・質問の各比率をゼロにしない
  • 自分から最低2割は話題を振れるようになる

ご自身の普段の会話と照らし合わせて、チェックしてみてください。

もしかしたら中には、

「全然話さないのはもちろんだけど、聴くときにもただ黙っているだけ…

『話す3:聴く5:質問2』どころか
『話す1:聴く1:質問1:無言7』だよ~(ToT)」

という方もいるかと思いますが、

安心してください!

今では話し方の講師をしている僕だって、数年前までは
「話す0.5:聴く0.5:質問0:無言9」みたいな人でした。(マジです!)

自分の現状を知ることが第一歩。

そこから一歩ずつ、成長していきましょう!

練習すれば会話力は伸びる



ちなみにハナサク会話堂では、
各アクションごとに講座を設けているので
苦手な部分を集中的に練習したい方にもオススメです♪

5つの講座

さぁ、あなたはどこから受けますか?



話し方教室ハナサク会話堂