会話を切りだす2つの方法

話し方教室講師 さと

こんにちは!
ハナサク会話堂 講師のさとです。

先週、マッサージ屋さんに行ってきました。

7年ぶりくらいに!

この仕事を始めてからパソコンで作業する時間が一気に増えまして…
首と肩がバキバキにこっていたのです(~_~;)

もみほぐしてもらったらウソのように楽になりました♪
5歳くらい若返った気分です(*´▽`*)

やっぱり身体のメンテナンスって大事ですね~。



自分から話しかけないと親しくなれない

「自分から会話を切りだすことができない…」

「いつも相手が話しかけてくれるのを待つばかりになってしまう…」

そんなコミュ障さんは多いと思います。

会話の切りだし方がわからない

僕も以前は、
自分から誰かに話しかけることが全くできませんでした。

何度かお話ししたことですが…

大学時代にはじめて女性と二人きりで出かけたとき、
あまりに会話がなさすぎて一時間で帰られてしまったことがあります(´;ω;`)

会話自体が5往復くらいしかありませんでしたが、
そのうち僕から話しかけた回数はゼロでした。

そりゃあ帰られて当然というものです(>_<)

会話を振れないと親しくなれない

やっぱり積極的にコミュニケーション取ろうとする人の方が
断然好かれやすいものです。

無理してガンガン話しかける必要はありませんが、

せめて4回に1回くらいは
自分スタートで会話が始められるよう目指してみましょう!



会話を始める2つの方法

自分から会話をスタートさせる方法って、
基本的に2パターンしかありません。

1つ目は、

「そういえばこの前、○○に行ったんだけどさ~」といったように、
私がネタをしゃべる方法。

私がしゃべる

2つ目は、

「週末はどこか出かけたの?」といったように
質問して相手にしゃべってもらう方法。

質問してしゃべってもらう

さて、内向的な僕たちにとってハードルが低いのはどちらでしょう?

それはもちろん、後者です!

そう、相手にしゃべってもらったっていいのです!

自分からネタを話すのは、今までやってこなかった人からすると
初めはなかなかハードル高いと思います。

だからこそ、まずは質問できる人になりましょう!



質問力の巻へ
講座の前半で「会話のスタートに最適な質問」を伝授します!

話題探しの巻へ
がんばって自分からネタを話せるようになりたい人にオススメ♪