コミュ障すぎる自分に落ち込んだら

こんにちは!
ニューバランスのスニーカーが好きでいずれは3万円くらいするモデルも履いてみたいな~とか思っているのですが、いつも1万円前後のモデルで妥協してしまいます…。

今月も「574」と「996」を一足ずつ買いました、ハナサク会話堂 講師のさとです。


…というわけで、はじまりました!
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

会話に落ち込んだときの対処法や、落ち込まないようにする方法はありますか?

Tさん (20代女性)


会話が弾まなかった。

沈黙が続いて気まずくなってしまった。

相手がつまらなそうな顔をしていた。

次の誘いがなかった。

そんなとき、自分のコミュ障加減に凹んでしまうときもあると思います。

「なんで自分はこんなに人と会話ができないんだろう。」

「人として欠陥があるんじゃないか・・・。」

昔の僕も、そんなことを何度も考えたことがありました。

コミュ障すぎて凹む

今日はそんなときの対処法に関するお話です。



落ち込むのはいいこと!?

僕の意見としては、多少落ち込むことは全然あっていいと思っています。

だって考えてみてください。

上手く会話ができなかったときでも

「僕コミュ障だしね~。しょうがない、しょうがない。」

と、まるで気にしない人。

そんな人はコミュニケーションの勉強や練習を真剣にやるでしょうか?

…やりませんよね(^^;

そう、完全にあきらめている人は落ち込んだりしません。

落ち込むということは、

「自分はもっと上手くできるはず!」

そういう気持ちが確かにあるということです。

「こうやって凹むことがなくなるよう、もっともっとコミュニケーション力を伸ばしていこう!」

そうやって落ち込んだ感情を行動のエネルギーにしていきましょう!

落ち込んだ気持ちをエネルギーに!

コミュニケーションに限らず、僕はそうやって行動してきました。

話し方教室を運営している今も、問題はいろいろやってきます。

でも「一番仕事に打ちこんだ時っていつだろう?」と振り返ってみると、それはやっぱり「凹んだとき」なんですよね。

講義中の生徒さんの反応がよくなかった・・・。
     
次はもっとわかりやすい伝え方を考えよう!

途中で言葉につまってしどろもどろになってしまった・・・。
     
次はもっと時間をかけてリハーサルしよう!

申込がなかなか来ない・・・。
     
ブログでいい記事をたくさん書こう!

このように、ハナサク会話堂がよりよい教室へと進化するタイミングって、まず間違いなく落ち込むような出来事があった直後なんですね。

だから僕は問題が起こると直後はちょっと凹みますが、少し経つとワクワクしてしまうときがあります。

「これでハナサクはもっといい教室に変われる!」

そう思えるからです。

落ち込むからこそ頑張れる

落ち込んだ=自分はもっとできるはずと信じている証!



自分なりのストレス解消法を持とう

そうはいっても、ずーっと頑張り続けるのはしんどいときもあるでしょう。

そんなときは、もちろん無理せず息抜きをしてくださいね。

内向型さんにオススメなのは、

「一人でできる趣味をたくさん持つこと」です。

外向型人間が仲間とわいわい騒ぐことで元気になるのに対し、
僕たち内向型人間にとってそれはエネルギー消費でしかありません。

内向型さんは、一人の時間で元気を充電するものなのです。

一人で楽しめる趣味を持とう

ぜひ自分なりのストレス解消法をいくつか持っておきましょう。

話し方教室ハナサク会話堂