人見知りの友達作り3つのポイント

こんにちは!ハナサク会話堂 講師のさとです。

今日はちょっとちがう環境で仕事したいな~と思い、ネットカフェに行ってきました。

周りに人がいない分、カフェよりも集中できた気がします。
気晴らしにマンガも読めるし(^^)

なんだかハマってしまいそうです。

…というわけで、はじまりました!
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

友達をつくるにはどうしたらいいでしょう?
休日に一緒に遊びに行ける友達がほしいです。

Nさん(30代女性)


社会人になるとなかなか友達をつくる機会もありませんよね…。

今までにも「ハナサク*ブログ」では内向型さんに向けた友達のつくり方についてちょくちょく書いてきましたが、今回はそのポイントをまとめてお伝えします。

友達の作り方



ポイント① 出会いを増やす

当然ながら出会いがなければ友達はできません。

あなたがどんなに人見知りでも、人に出会える場所に出向いていくことはどうしても必要になってきます。

もちろん、いきなりリアルな場だと緊張してしまうという方はSNSや出会い系アプリなどでもいいと思いますが、どちらにせよ「人と出会る環境に飛び込む」という点に変わりはありません。

とにかく行動を起こしましょう!

友達がほしいなら外に出よう

問題は「どこに出向いていくか」です。

僕たち人見知り人間がいきなり社会人サークルのバーベキューパーティーなんてものに行ってしまうと、社交的でエネルギッシュな人たちばかりでものすごく居心地の悪い思いをしてしまう可能性が高いです。

いくら出会いを増やすためとは言え、「友達になりづらい(なりたくない)人」とばかり出会っていても仕方ありません。

「どこに行けば自分が友達になりたいと思える人と出会えるだろう?」

まずはそこをしっかり考えてみましょう。



鍵は「共通点」です。

  • 自分と興味が似ている人が集まる場所は?
    例: 趣味の集まりやオフ会、興味のある習い事、SNSのコミュニティなど
  • 自分と性格や雰囲気が似ている人が集まる場所は?
    例: 人見知りオフ会、口下手向けのコミュニケーション講座など

こういった観点から探してみてください。

実際、僕も社会人になってからできた友達の8割以上(といっても数人ですが(^_^;))は、僕が主宰していた「口下手向けの会話練習会」や「大人しい人向けの読書会」といった集まりで出会った人たちです。

友達ができそうな場所を探そう



ポイント② 気になった人とは何度か会う

せっかく気の合いそうな人と出会えても、一度会っただけで友達になるのは至難の技です。

とくに僕たちのような人見知りは打ち解けるまでに時間がかかりますし…。

なので、仲良くなりたいと思える人と出会えたら

  • 連絡先を交換する
  • 忘れられない程度に連絡を取りあう
  • 自分から遊びに誘う

といったステップを踏む事が大切です。

自分から誘うのはドキドキするかと思いますが、相手も内向的な場合は待っていてもなかなか連絡は来ませんよ(^_^;)


もしそれも難しそうだと思う方は、カルチャー教室や資格学校、話し方教室といった習い事がオススメです。

自分から連絡を取らなくても次のレッスンで自然と再会できる可能性は高いですから。
(それでも3回くらい会ったら自分から連絡先を訊いてみましょうね!)

自分から連絡しよう



③ 雑談力を身につける

連絡先を交換したら次はいよいよ「一緒に遊ぶ」というステップに進むわけですが、ここでお互いが楽しい時間を過ごすためには、やはりある程度の会話力・雑談力が必要になってきます。

仮に遊びに行く目的がイタリアンを食べに行くことだったとしても、無言で黙々と食べるわけにはいきません。

目的が映画だったとしても、終わればカフェなどに入っておしゃべりするはずです。

人間関係とは結局のところ「会話」なのです!

だから会話・雑談に苦手意識のある方は、少しずつでも雑談力を鍛えていきましょう。

友達がほしいなら雑談力は必須!



最後に一つ、とっておきのコミュニケーションテクニックを伝授します。

友達になりたいと思った相手にぜひ使ってみてください!




話し方教室ハナサク会話堂