誰にだってできないことはある

こんにちは!
近所におしゃれなブックカフェができたのが嬉しくて週一で通っている、ハナサク会話堂 講師のさとです。

…というわけで、はじまりました!
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

飲み会などで外向的な人たちが盛り上がっているような状況で、自分から話しだしたりすることができず、結局、隅でおとなしくしていることが多いです。トーク力を上げる以外に何かいい方法はありますか?
Hさん(30代男性)


多人数会話のコツについては今までも何度か取り上げてきたように、

  • まずは1対1の会話をある程度できるようになる
  • 質問者になる

という方法が有効です。


そちらはできる範囲でがんばっていただくとして、今日は「あきらめること」についてお話ししたいと思います。

あきらめも必要



誰にだってできないことはある

昨年ハナサク会話堂を始めてから今まで、生徒さんのお悩みをたくさん聴いてきました。

  • 初対面の人に話しかけるのが緊張する
  • 年上の人とうまく会話できない
  • 他人になかなか興味を持てない

人それぞれ苦手なタイプや苦手なシチュエーションってあると思います。

それを改善するために努力することはとても素敵な心構えだとは思います。

が!

「すべての人、すべてのシチュエーションで完璧なコミュニケーションができるようにならなきゃ!」とは考えないでほしいんです。

完璧を求めすぎると、できない自分を責るようになり、どんどん自己肯定感を失っていってしまいます…。

自信喪失

人間である以上、どうがんばったって苦手なこと・できないことはあります。

内向的な性格であれば、すでに関係が出来上がった集団に入っていくのが苦手、よく知らない人に話しかけるのが苦手、冗談を言うのが苦手…、そういうのって当たり前のことだと思います。

僕だって昔と比べればよくなりましたが、今でもそういうことは決して得意とは言えません。
今でもあきらめてしまうことは多々あります(^_^;)

とくに今回のお悩みにあるシチュエーション、「外向的な人たちが盛り上がっている中に入っていく」なんて、内向型人間が最も苦手とすることですよね…。

なぜなら集団に溶け込む秘けつは、周りとノリを合わせることですから、自分の限界値を超えたノリで騒がれてしまったら、ほとんどの場合なす術はありません。

だとしたら、あきらめることも時には必要ではないでしょうか?

整理整頓が苦手、計算が苦手、料理が苦手、スポーツが苦手。
誰にだって、どんなに努力しても苦手なことはあります。

僕たちにとってはそれが「ノリよく振る舞うこと」であるだけなのです。

ノリよく騒ぐ人たち



失うものあらば、得るものもある

僕たちは、外向型人間が盛り上がっている中に飛び込んでいくことはできないかもしれません。

あなたはそんな自分を今すぐに受け入れることはできないかもしれません。

でも、物事には必ず裏表があります。

失うものがあれば、逆に得るものだってあるのです。

質問者であるHさんに限らず、今回のようなシチュエーションが苦手だという人はたくさんいます。

ハナサク会話堂に来る生徒さんで言えば、おそらく8割以上は自分から入っていけない人だと思います(僕も怪しいところです(^_^;)笑)。

そしてそんな人にとっては、「騒げる人」よりも「騒げない人」に対して親しみを持ちます。

人はノリが近い人同士で惹かれあうものだからです。

そう、ノリよく振る舞えないことで失う関係があれば、逆にそのおかげで仲良くなれる人だってたくさんいるのです!

そのことを忘れないでください。

人はノリの近い人同士で惹かれあう

ただし、
ノリのよさは変えられなくても、会話力は伸ばせます!
同じノリでも会話力があった方が当然より多くの人と仲良くなれます!

「内向的な性格そのままで人並みの雑談力を得たい!」
そんなあなたはハナサク会話堂でお会いしましょう(o^―^o)

話し方教室ハナサク会話堂