僕がコミュ障克服にあたって意識してきたこと①

こんにちは!
今年二度目の夏風邪をひいてしまったハナサク会話堂 講師のさとです。

外と中との温度差が激しいのでみなさんも体調管理には気をつけましょうね(^_^;)

というわけで、はじまりました!
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

昔は口下手だったという講師のさとさんですが、講義を聞いているかぎり信じられません。
口下手・コミュ障を克服するにあたって意識して実践していたことがあれば教えてください。
Nさん (20代男性)




口下手克服を実現する2つのポイント

ホームページ内でもたびたびお話ししているように、講師をしている現在も僕の会話力は「人並み程度」です。
今でも会話が続かず困ってしまうことも度々あります(^_^;)

でも!

8年前までの、自分から話しかけられない、話しかけられても一言二言しか返せない、人の話しを聴いても質問もしなければ気の利いたコメントもできずにだんまり、人前だとガチガチに緊張して頬が震える…

そんな超絶口下手だったころと比べれば、人と接することや社会で生きていくことがだいぶ楽になりました。
心から信頼できる人にも出会えました。

努力してきて本当によかったと思っています。

口下手は改善できる!

だからこそ!

僕と同じように「口下手な自分を変えたい!」と願い、実際に行動を起こしたあなたには挫折してほしくありません。

そこで今日は、口下手克服を実現する上でもっとも必要な2つのことを教えます。

それが、

① モチベーションを保ち続けること

② 学びと実践を繰り返すこと

この二つを実行していけば、成長スピードの差こそあれ必ず今よりもよくなっていきます。
そこは僕が保証します。

とはいえ、「それができれば苦労しねーよ!」って感じだと思いますが(^_^;)

というわけで、「僕がどうやってこの2つのことを実践してきたのか?」をお話ししていきます!

口下手克服を実現するポイント



モチベーションを保ち続けるためにやってきたこと

モチベーションを保つうえで絶対に必要なものって何だと思いますか?

それは何といっても「目的意識を持つこと」です。

  • 自分は何のためにがんばっているのか?
  • 口下手・コミュ障を改善してどんな未来を手に入れたいのか?
  • 今の自分のまま5年後10年後を迎えたら、自分の未来はどうなってしまうのか?

そんなことをイメージしてみてください。
そして紙に書きだしてみましょう。

ワクワクとビクビクを書きだそう

このワークは以前もブログで紹介しましたし、ハナサクの講座に来てくださった方にお配りしている「ハナサクエストはじまりの巻」にも収録されています。

それほど効果絶大ということです!


もちろん僕も以前、このワークをやりました。

そしてなかなか成長が実感できずに投げ出したくなってしまったときにはワークで書き出したことを思い返してみたり、もう一度紙に書き出してみたり、そうやってモチベーションを維持してきました。

僕の場合は、「克服したあかつきには自分で話し方教室をつくりたい!」「お互いを支え合えるパートナーがほしい!」というワクワク。

そして「話し方教室を開けるレベルになれなかったら一生フリーターかも!」「もう会社勤めはしたくない!」(新卒で入った会社がトラウマになっていたので…)というビクビク。

これらがとくに大きな力となり、今まで努力を続けることができました。

話し方教室を開くことができた今は、新たなワクワク、新たなビクビクを糧に次の目標へと向かっています。

あなたはどんなワクワク・ビクビクを力にしますか?

ワクワクとビクビクを力に!



長くなりそうなので続きは次回!

話し方教室ハナサク会話堂