質問は聴き上手に必須のスキル

話し方教室講師さと

こんにちは!

電話が大の苦手なので、話すセリフを何度も頭の中でシミュレートしてからかけるようにしている、ハナサク会話堂 講師のさとです。

本やネットでコミュ障改善法を調べると、よくこんなことが書かれています。

「人は他人の話しを聴くよりも自分の話しをしているときの方が楽しいものです。だから話すのが苦手な人は、聴き上手になれば好かれます!」

だから口下手さんの中には、

「自分は話すのが苦手だから聴き上手を目指そう!」

そう思っている人も多いと思います。

…うまくいっていますか?

「私はどんな話しでも拒否せずきちんと聴く気があるのに、周りの人たちがなかなか話しかけてくれない…。」

もしかしたら、こんな壁が立ちふさがっているのではないでしょうか?

聴き上手に立ちふさがる壁

「人は自分の話しをするのが好き」

これはウソなのでしょうか?



相手は誰でもいいわけじゃない

先に答えを言うと、ウソではありません。

人は基本的に自分のことを話すことが好きな生き物です。

ただ、当たり前のことですが「話せれば相手は誰でもいい」ってわけでもないんですよね(^_^;

「人は、自分の話しをしているときが楽しい」
ここには大事なことが抜けています。

本当はこうなのです。

「人は、【話しを聴いてほしいと思っている人(=私が好きな人)に】自分の話しをしているときが楽しい」

もしくは

「人は、【私の話しを聴きたがってくれる人(=私に好意的な人)に】自分の話しをしているときが楽しい」

楽しい会話

二人の仲がまだあまり親しくない場合、黙っていても相手が意気揚々とあれこれ話してくれることはほぼありません。

仮にあるとすれば、相手が超おしゃべり人間な場合か、なにか下心がある場合くらいのものだと思います(~_~;)

あなただってその辺を歩いている見知らぬオジサンに自分の話しを聴いてほしいとは思いませんよね?
自分の身に置き換えてみればよくわかると思います。

となれば、聴き上手になりたいあなたがまず取るべき行動は一つです。

それは、

【相手の話しを聴きたがる人】になること!

「あなたの話し、もっと聴かせてください!」というサインを送る、それが聴き上手に近づく道です。

そしてその一番簡単なサインこそが 質問すること なんですね。

質問は好意のサイン

質問力は聴き上手を目指すにあたって、必ず磨くべき必須のスキルなのです!



とはいえ質問は聴き方の一スキル

ハナサクの講座では「聴き方の巻」に「質問力の巻」と、聴く分野の講座が二つあります。

listen&question

ここからもわかるように、もちろん質問以外にも聴き上手に必要なスキルってたくさんあるものなんですね。

質問が相手の話しを引き出すスキルだとしたら、聴き方の巻で学ぶのは、相手が話している最中や話し終わったあとに使うことで「この人に話してよかった♪」「もっと私の話しを聴いてほしい!」という満足感を与えるためのスキルです。

両方の力を備えることで、あなたの聴く力はぐんぐんアップしていきます!

どっちが大事というものではなく、当然ながら両方大事です。
(本当は一つの講座でまとめたかったところなのですが、質問のスキルってそれだけで一つの講座ができてしまうくらい奥が深い上にコツもたくさんあるものなので、やむなく二つに分けさせていただきました…m(_ _)m)

というわけで、聴き上手を目指すあなたは「聴き方の巻」「質問力の巻」、ぜひセットで受けてみてくださいね(*^ー^)ノ


質問力の巻へ
質問力を身につけたいあなたにオススメの講座はコチラ!