口下手でもできる!私の話しに注目が集まる一番簡単なコツ

内向的な話し方教室講師さと

こんにちは!
白シャツを15枚以上持っている、ハナサク会話堂講師のさとです。

「自分の話しはつまらないから誰も聴きたがらないんじゃないか…」
そんな悩みを持つ口下手さんは多いと思います。

変わった体験や巧みな話術がないと、興味を惹く話しをすることはできないのでしょうか?

そんなことはありません!!

ちょっとしたポイントを意識するだけで、あなたの話しは今より断然注目されやすくなります!

注目を浴びる



口下手さんの話しがつまらない理由

口下手な方のお話しを聞いていると、こんな感じが多いです。

「お仕事は何されてるんですか?」 と訊かれて 「IT系です」 とか。

「お休みの日は何されてるんですか?」 と訊かれて 「ネットで動画とか見たりしています」とか。

こういう話しって、聴いていてどうでしょう?

…ぶっちゃけ楽しくはないですよね(~_~;)

なぜかといえば、「話しの中身が曖昧だから」です!

曖昧な話しは退屈…

曖昧な話しって頭の中でイメージがわかないから、聴き手としてはすごく退屈なんですね。

だから、

具体的に話すようにするだけでも、話しの印象はグッとよくなります。
相手の食いつきが変わります。

その第一歩としてぜひ口下手なあなたに実践してもらいたいのが、「数字を付け加える」ことです。

数字を入れて話す



数字を入れるだけで今より話しが面白くなる!

例えば読書が趣味の場合、ただ「本をたくさん読んでます!」だけだと相手も「ふ~ん」程度にしか感じてくれません。

そこで数字を入れて、「年間100冊以上読みます!」と言えば、「おぉ~!それはスゴイね!」ってついつい反応しちゃいますよね?

分量、時間、金額…、

数字を入れることで聴き手は具体的にイメージができるので、反応を返しやすくなります。

とくに趣味に関する話しなどは常識外れのぶっ飛んだ数字が出てきやすいので、興味を惹きつけるにはすごく効果的です!

「月10万円くらい洋服買ってます!」なんて話しを訊いたら、聴き手としては「そんなに買ってるの!?」って思いますよね?

すると「買った洋服って全部着てるんですか?」とか「クローゼットどうなってるんですか?」とか、質問してみたいことも出てきやすくなるので会話も盛り上がります。

趣味の話しに数字を入れよう

もちろん、趣味の話し以外でも使えます。

冒頭の「お仕事は何されてるんですか?」と訊かれた場合だと、「IT系です。残業時間が月80時間あります」なんて伝えれば「80時間!?ハードなんですね~(~_~;)」と労いの言葉をもらえたりします。

「ディズニーランドとか行きますか?」と訊かれたときも、「いやぁ~なかなか行く機会がなくて…」なんてお茶を濁すより、「かれこれ20年は行ってません!」のほうが「そんなにですか~!」って相手の反応は大きくなります。

「そんなこと言ったら『一緒にディズニー行く相手がいない寂しい人』って思われちゃいそう…」

なんて心配もあるかもしれませんが、少なくとも「曖昧でよくわからない人」でいるより、よっぽど親しみやすくて楽しい人になれます!



好きなことも、嫌いなことも、良いことも、悪いことも、

恥ずかしがらずに数字を入れて話してみましょう!

それが楽しい話しに変える一番簡単なコツです!

数字を入れると楽しい話しに!

…え?なんで僕は白シャツを15枚以上持っているかって?

年中着るほど白シャツ大好きなんですけど、半袖、7分袖、長袖、コットン素材、リネン素材、ハナサク用、プライベート用、汚れたときの予備用…などと用途ごとに買い足していったら、気がついたらこんな枚数になっていました(^_^;)笑


話し方コースへ
話す力を身につけたいあなたにオススメの講座はコチラ!