共感と同感の違い

こんにちは!

この時期になるとついつい「大学を卒業してもう○年も経ったのかぁ~」と感傷に浸ってしまう、ハナサク会話堂 講師のさとです。




というわけで、はじまりました!
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

人の話しを聴くとき、共感ばかりしてしまい自分の主張がなくなりがちです。
どれくらい共感すべきでしょうか?適度の主張がわかりません。
Hさん(30代男性)




共感にやりすぎはない

共感って、好かれる聴き手になるうえでは絶対に外せないスキルです。

『ハナサクエスト 聴き方の巻』でも一番力を入れて練習してもらっています。

誰だって「自分の気持ちをわかってもらいたい!」
と思って話しをしていますからね。

だから共感はどんどんするべきです!

「やりすぎ」なんてありません。

どんどん共感しよう!

ただし、

必ずしも相手の意見に賛同する必要もありません!



共感は理解を示すこと

共感とは本来、

「あなたはこんな気持ちになったんですね」と相手の気持ちを理解すること''

です。

だから伝え方としては、

相 手「目当てのレストランに行ったら20分待ちだったから他のお店行っちゃった。」
あなた「そっか。それは残念だったね。」

とか

相 手「うちの会社は時間にルーズな人が多くてイヤになっちゃう。」
あなた「○○さんは時間を守らない人が許せないんですね。」

といった感じになります。

これが例えば

相 手「目当てのレストランに行ったら20分待ちだったから他のお店行っちゃった。」
あなた「そうだよね。僕だってそうするよー!」

とか

相 手「うちの会社は時間にルーズな人が多くてイヤになっちゃう。」
あなた「わかります!時間守らない人ってホント許せませんよね!」

ここまでいくと、
共感を超えて「同感」になります。



もちろん、同感できたときはどんどんして良いと思います。

でも時には
「ちょっと私とは感じ方が違うな~」という場合もあると思います。

先の例でいくと、

「本当に行きたかったレストランなら20分くらい余裕で待つけどな~」とか。

「私も遅刻癖があるから何も言えない…」とか。

そんなときまで本心をねじ曲げて同感してしまうと、
あとから自分の意見を言えなくなってしまいます。

矛盾が起きてしまうからです。

だから、無理にそこまでしなくて良いのです。

「あなたはこう思ったんですね」

「あなたはこんな人なんですね」

そうやって理解を示してあげれば、
そのあとで「私はこういう考えなんだけどね」と伝えても、
相手からの反発は起きづらくなります。

もちろん、「私に賛同してくれない人なんてキライ!」っていうワガママさんもいるので絶対ではありませんが、
そんな人にまで気を使うことはないと思います(^_^;)

覚えておいてください。

共感とは、理解を示すことです。

相手を理解しよう!



共感しない方が盛り上がるときもある

「共感はどんどんしましょう」と先に書きましたが、
場合によっては共感しない方が逆に盛り上がるときもあります。

仲のいい友達同士の会話なんかがまさにそうですね。

友達同士の会話

A君「広瀬すずちゃん、マジかわいいよな!」
B君「いや、橋本環奈のほうが絶対かわいいし!」
A君「はぁ?『ちはやふる』のすずちゃん見てみろよ。惚れるよ?」


友達同士の会話

Cさん「彼氏が誕生日に花束プレゼントしてくれたの♪」
Dさん「うそ~。花束とかないわ!」
Cさん「えー、ロマンチックでいいじゃん!」

的な。

文章だけでイメージできるかわかりませんが、
お互いが自分の意見をぶつけ合っているにも関わらず、
すごく楽しげに盛り上がっていそうな感じがしませんか?



ポイントは

  • 軽い内容の雑談であること
    (相手にとって譲れない価値観や悩み相談中にはNG)
  • 相手とある程度親しい関係であること
    (ちょっとくらい否定しても崩れない関係ができている)
  • 相手の意見を全面否定しないこと
    (先の例でいえば、A君が好きな広瀬すずちゃんやCさんの彼氏をけなさない)
  • 頻繁にやりすぎないこと
    (毎回だと「我が強くて面倒な人」と思われてしまう可能性もあるので、やりすぎ注意)

これらの注意点を守れば、
「共感しない雑談」も会話を盛り上げるスパイスになるものです。

もちろん、控えめな内向型さんにとってはハードルが高かったりすると思うので
「自分のキャラじゃないな~」と思うなら無理にやる必要はありません。

ですが、
「この人とは余計な気を使わずに話せるようになりたい!」
「もう一歩踏み込んだ関係になりたい!」と思うなら、
チャレンジしてみる価値はあると思いますよ。

聴き方コースへ
共感力を身につけたいあなたにオススメの講座はコチラ!