悪気なく相手を怒らせてしまったときは?

こんにちは!
怒ったときは真顔で黙り込む、ハナサク会話堂 講師のさとです。
…怒ると地味の怖いとよく言われます(~_~;)笑

というわけで、はじまりました!
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

良かれと思ってやったことが相手にとって嫌なことだった場合、怒っている相手にどう対応するのがよいでしょう?
Yさん (40代男性)





いくら悪気がなかったとはいえ、自分のした行いで相手を怒らせてしまったのであれば、するべき行動は一つです。

ごめんなさい

それはもちろん、謝ること!

こういうときは余計な小細工はせず謝るのが一番です!
そして悪気がなかったことも一緒に伝えましょう。

「○○さん、さっきはごめんなさい。○○さんの助けになればと思ってやったんですけど、かえってご迷惑をかけてしまいました。本当に申し訳ないです。」と。

「相手に嫌なことをしてしまったなら謝る」、やるべきことはこれしかありません。

もちろん直接伝えるべきですが、どうしても勇気がでなかったり相手が帰ってしまって言いそびれたときは、LINEやメールでもいいので伝えてみましょう。

気まずいからといって何もせずスルーしてしまうより何倍もいいと思います。



果たしてこれで仲直りできるかどうか…、こればっかりは相手の気持ち次第なので何とも言えません!

ですが、仮に仲直りできなかったとしても、「自分は最大限、誠意を込めて謝った!」と思うなら過度に気にする必要はありません。
次からは同じ間違いをしなければよいのです。

人間関係って自分一人の問題ではないので、どんなに最善の選択をしたって思い通りの結果にならないときは多々あるものです。

誠意を込めて


素直に謝れる人になろう!



話し方教室ハナサク会話堂