まだまだある!自分を好きになるちょっとした方法3選

話し方教室講師さと

こんにちは!ハナサク会話堂 講師のさとです。

あまりの寒さにウールの中敷きというものを試しに買ってみました。
使う前は「こんなの効くのかよ?」と半信半疑でしたが、これがなかなか暖かいのです(o^―^o)
足が冷えてつらいという方はお試しください♪



さて、これまでブログで「自分を好きになるための方法」について色々と書いてきました。

最後にもうちょっとだけ方法を紹介します!
気に入ったものがあれば実践してみてください♪

➀ 口癖を前向きに変える

ついてない、どうせ無理、つまらない、やるだけムダ、自分なんて、・・・。

こんな言葉ばかり使っていたら、そりゃあ表情だって暗くなるし人もどんどん離れていってしまいます。

言葉の持つ力をあなどってはいけません!

逆に言えば、前向きな言葉を意識して使うようにすることで、表情も考え方も前向きに変わります!

ありがとう、よかった、ラッキー、いいね、楽しい、嬉しい、大丈夫、…。

気に入った言葉は口癖になるくらいどんどん使っていきましょう!

前向きな言葉を使おう



② 成功体験を積み重ねる

目標設定→達成を繰り返し行うことで、「僕もやればできるんだ!」という自信につながります。

達成すること自体が目的なので、ちょっと頑張れば確実にできる目標でOKです。

今までに達成した目標や克服したこと、そのために努力したことを思い返してみるのも効果的。
きっとあなただって、いくつも壁を乗り越えてきたはずです!

成功体験を増やそう



③ 人に感謝される機会を意図的にふやす

人に親切して「ありがとう」の言葉を言われる機会を増やすことで、「自分も人の役に立てるんだ!」という自信につながります。

荷物運びを手伝うとか、カフェで相手のカップも一緒に片づけるとか、そんな簡単なことでいいんです。

自分も相手もハッピーになれる、とってもエコな方法。

人のために動こう



自分だけは自分の味方でいてあげよう

自身のダメなところって自分が一番よくわかっているものなので、すぐには受け入れられないかもしれません。

でも、少しずつでも自分を好きになる努力をしていった方がゼッタイにいいと思うんです。

なんたって死ぬまで付きあう人ですからね、自分自身は!

人の好みは本当に様々です。
食べ物、洋服、趣味、何でもそう。
だから人間関係だって同じです。

いくら印象をよくしたり会話力を磨いたところで、結局、嫌われるときは嫌われます。
どんなに好感度の高い芸能人にだって必ずアンチがいるように…。

だからせめて、自分だけは自分を好きでいてあげましょう。

どうしても好きになれないなら、変わる努力をしてみましょう。

自分だけは自分の味方でいてあげよう

自信がある人は魅力的です。

だから自分で自分を好きになれたなら、同じようにあなたを好きと思ってくれる人も今より確実に増えているはずです!