緊張が顔に出てしまうときの対処法

こんにちは!ハナサク会話堂 講師のさとです。

この前、すべての講座を受け終わった生徒さんからお礼の品としてクッキーをいただきました(*´ω`*)

最近は講座後にお礼のメールをいただく機会も増えてきてとても嬉しいです♪
これからも内向型な口下手さんに寄り添った講座をやり続けていきたいです。

というわけで、はじまりました!
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

緊張が顔に出てしまいます。何かよい方法があれば教えてください。
Oさん (30代女性)




人と向かい合うと顔がこわばってしまう・・・
笑顔が不自然でぎこちない…

緊張しいなために、表情が凝り固まってしまっている口下手さんは結構いらっしゃいます。

表情がカチコチに固まっていては柔らかい表情は出せません。

そして表情が上手く出せないと、そんな自分が「相手からどう見られているか」が気になってしまい余計に緊張します。

…まさに悪循環!
これでは自然体で会話すことは難しくなってしまいます(~_~;)

緊張

緊張を取りのぞき、自然な表情を出せるようになるにはどうすれば良いのでしょう?



脳と身体は連動する

脳と身体は連動しています。

例えば、レモンにかぶりつくところを想像すると唾液がじゅわっと出てきますよね?

同じように、「うまく話せるかな…」とか「変なこと言って嫌われないようにしないと…」といったように脳が強張ると、それに連動して顔や身体にも力が入って緊張します。

脳の緊張は身体にも伝わる

脳の緊張はなかなか自分でコントロールすることはできません。

だから、身体のほうにアプローチしていった方が効果は出やすいのです。



顔のストレッチをしよう!

緊張とは、筋肉が凝り固まっている状態のことを言います。

顔の緊張だって同じです。
顔の筋肉(表情筋)をほぐしてあげることで、自然体の表情に近づきます。

では、筋肉をほぐすには何をすればいいでしょう?

…そう、ストレッチです。

人と会う前にはトイレの個室などに入って、思いっきり変顔をしてみましょう(o^―^o)

顔のパーツを中心に集めてくしゃくしゃな顔にしてみたり、
逆に目と口を大きく開いてみたり。

こんなストレッチを何度かやると表情がリラックスしてきます♪

顔の筋肉をストレッチ

そして実際に人と会話する時には、「腹式呼吸&微笑」を心がけましょう!
心をリラックスさせる効果があります。

≫ もっと詳しく【ハナサク*ブログ「人と会話するときの緊張を和らげる意外な方法」】

これらの方法を合わせて使うことで、今よりも自然な表情で会話に臨めるようになるはずです(^^)



表情筋を鍛えよう

普段から表情の変化が少ない人や笑顔が苦手な口下手さんは多いと思いますが、そんな人はストレッチをしてもなかなか自然な表情が出せなかったりします。

表情筋そのものが弱っているからです。

これを改善するには、ブログで何度も紹介してきた「表情筋トレ」をやってみましょう!

≫ もっと詳しく【ハナサク*ブログ「表情筋トレで顔の筋肉を鍛えよう♪」】

表情筋トレを毎日行うことで表情筋が強くなっていくので、自然な笑顔になったり、喜怒哀楽を表情で出せるようになっていきます!

自然な表情でもっと好かれる!

人は基本的にわかりやすい人が好きなものです。

自分の感情を言葉だけでなく顔でも表現できるようになると、今まで以上に多くの人から好かれやすくなっていきますよ(o^―^o)