ネガティブ思考から抜けだす秘けつ!事実は一つ、考え方は無限

話し方教室講師さと

こんにちは!
おとといは大雪でしたね~。

雪の上をザクザクと歩く感触が好きなので、まだ誰も歩いていない部分を見つけるとついつい踏みに行ってしまいます。
…31歳のいい大人なのに!(笑)

ハナサク会話堂 講師のさとです。



僕は8年ほど前まで、「超」がつくほどのネガティブ人間でした。

特に新卒で入社した会社を早々に逃げ出したころは、「ほかの大学に行けばよかった…」とか「2年前に戻って就職活動をやり直したい…」などと過ぎたことを毎日のように後悔しながら生きていました。

そんなんだから言うことも後ろ向きだし、表情も暗いし笑わないしで、自分から見てもできれば関わりたくないような人間でした(-_-;)

それでもその頃の僕が唯一えらかったのは、
自分を変えるために行動を起こしたことです。



ネガティブすぎる自分を変えるキッカケとなったのが、とある心理学講座への参加でした。

ここで僕は 「ABC理論」 というものを教わりました。

ABC理論

ABC理論っていうのは、簡単に言うと

「悩みの原因は出来事そのものではなく、自分自身の受け取り方にある」

という考え方です。

ちなみにAが出来事(After activity event)、Bが受け取り方(Belief)、Cが受け取ったことで生じた感情(Consequence)を示しています。

「悩みの原因は出来事そのものではなく、自分自身の受け取り方にある」とはどういうことかというと、

例えば「恋人にフラれる」という出来事が自分に起こったとしますよね?

誰にとっても「フラれる=不幸なこと」だとしたら、フラれた人は一人残らず自分の身に起こったことを悲しむはずです。

でも中には「もっといい恋人をゲットするチャンス!」と、翌日には意気揚々と合コンに行く人だっているかもしれません。

事実はひとつでも、受け取りかたは無限にあります。

つまり、

今より前向きになりたかったら、物事に対する受け取り方を変えればいいんですね。

前向きに変わる!

僕も「口下手な自分を憎む生き方」から「口下手でよかったと思える生き方」に変わってから、まさに人生が変わりました。

今では、過去に戻りたいと後悔することもほとんどありません。
(たまに仕事で失敗したりすると、「今日一日の記憶消したい!」とか思ったりはしますけどね(^_^;)



とはいえ、今までの思考を変えることはそう簡単ではありません。

思考ってようは「心のクセ」ですから。

クセを直すには、地道な積み重ねがどうしても必要です。

まずはちょっと凹むことがあったときに、ただ凹んで終わりにするのではなく、少し立ち止まって考えてみましょう。

真っ黒なオセロ


それってホントに真っ黒?

よ~く見たら、白いところもあるんじゃない?