価値観が合わない人との付き合い方

こんにちは!

好きなお餅はきな粉餅、ハナサク会話堂 講師のさとです。

というわけで、はじまりました!
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

自分と価値観の違う人とうまくコミュニケーションする秘けつは何でしょう?
Yさん (40代男性)




「この映画、主人公の気持ちに共感できてすっごい感動した」
「いやいや、ラストの展開に無理があって全く世界観に入り込めなかったよ」

「結婚は人生の墓場だ。独身のまま自由に生きていきたい」
「いやいや、結婚して幸せな家庭をつくることが本当の幸せだ」

「安定した会社に入り、なるべくリスクを回避して堅実に生きたほうがいい」
「いやいや、会社になんて属さず、自分の力で道を切り開くのが人生の醍醐味だ」

議論

人間の価値観は一人一人違います。
人付き合いを重ねていけば、ときには考え方が180度違う人と出会うこともあるでしょう。

そんなとき「私の考えは違うけどな~」なんて言われると、気の弱い内向型さんは何も言えなくなってしまうこともあると思います。

そんな価値観にズレがある人と上手くコミュニケーションしていくには、どうすればいいのでしょう?



否定しない、押し付けない、論破しない

価値観とは、簡単に言えば「何を大切に生きるか」ということです。

つまり、正しい答えなんてありません。

私にとっては私の価値観が正解だろうし、相手にとっては相手の価値観が正解なのです。

100%の正解がない以上、私の価値観を押し付けたり、相手の価値観を正そうとする行為は無意味です。

仮に相手の価値観を論破できたとしても、「あなたの価値観はすんばらしい!」と尊敬のまなざしを向けてくれる…なんてことはほとんどありません。

「この人には何を言っても聴く耳もってくれないな~」そう思われて壁を作られてしまうことがほとんどでしょう…。

隔たり



違いを楽しめるようになる

価値観が違う相手と上手くコミュニケーションをとる方法、

それは

「そういう考え方の人もいるんだな~」というスタンスで、違いを楽しむくらいの気持ちで会話することです。

価値観が違うからといって、「あー、ムリムリ」と鼻から理解することをあきらめてしまうのは勿体ないことです。

なぜなら、似たような価値観の人とばかり付き合っていると、どうしても考え方が極端に偏ってしまいます。

たまに自分とは違う考えに触れるからこそ、色々な見方ができるようになったり、いろんな人の気持ちを理解してあげられるようになっていくのです。

視野が広がる

もちろん考え方が違えば、話しているうちにストレスに感じることもあると思います。

そんな相手には無理に近づく必要はありません。

一定の距離感を保ちつつ、例えば職場の人など関係を切ることができない相手であれば、たまに世間話などして価値観の違いを気楽に楽しんでみればいいのではないでしょうか。

「どうせこの人とは職場の外でも付きあうわけじゃないから」

そう思えば、ちょっとくらい納得のいかない考え方であっても「そういう人もいるんだな~」くらいの気持ちでつき合っていけるはずです。



話し方教室ハナサク会話堂