話しかけても訊き返されてしまうときは…

こんにちは!
「こしあん」よりも「つぶあん」が好きな、ハナサク会話堂 講師のさとです。


というわけで、はじまりました!
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

普通に話しているつもりでも「えっ?」と訊き返されることが多いです。
気をつけたほうが良いことはありますか?
Hさん (20代男性)




訊き返されてしまう3つの原因

せっかく勇気をだして話しかけたのに、「え、なに?」と訊き返されてしまうとちょっと凹みますよね…。

それが何度も繰り返されると、だんだんと話すモチベーションも下がっていってしまいます(><)

たびたび話しを訊き返されてしまう場合、考えられる問題点は3つです。

① 声が小さい、通らない

② 滑舌が悪い、早口すぎる

③ いきなり本題を話しかけている

①や②に問題がある場合、
腹式呼吸になってなかったり、姿勢が悪かったり、のどが閉じていたり、舌の筋肉が弱かったり、口の動きが小さかったりと、
原因として考えられる要素はたくさんあります。

とはいえハナサクの扱う分野はあくまで「会話力・雑談力」。
発声方法は専門外なので適切なアドバイスはできませんm(_ _)m

本屋さんに行けば発声練習の書籍はたくさんあるので、自分に合ったものを探してみてはいかがでしょう?

また費用はかかりますが、発声専門の話し方教室も世の中にはたくさんあります。
本気で改善を目指す方は教室に通ってみるのも方法の一つだと思います。

いずれにせよ、会話力と同様に1回2回トレーニングをしたからといって、すぐに改善できるものではありません。

ですが一度改善してしまえば多くの悩みから解放されることも事実です。
チャレンジしてみる価値はあると思いますよ(^^)

ボイトレ

というわけで、今日はハナサクの専門である③についてお話ししていきます。



相手が「聴くモード」になるきっかけをつくろう

人って、意識していない音は聞き流してしまうものです。

例えばスーパーで買い物しているとき。
USEN(店内BGM)で流れている音楽って、普通にしていたら聞こえますよね?

でも「ほかに買うものあったかな~」なんて考え事しているあいだって、BGMは全く耳に入ってこないと思います。

お店を出てから「なんの曲流れてたっけ?」と思い返してみても、覚えている人はまずいません。

つまり、たとえ音が届いていても、当人に聴く気がなければ簡単にスルーされてしまうということです。

誰かに話しかける場合も同じです。

相手があなたの声に意識を向けていないときは、いきなり話しかけても冒頭部分は聞き逃されてしまうのです。

相手が「聴くモード」に変わるきっかけとなる言葉を添えましょう。

例えば、
「ちょっと訊きたいんですけど、」や
「そういえば昨日のことなんだけどね、」といったように、
これから話す内容の予告をするのもいいと思います。

また単純に、
「あの、○○さん。」と名前を読んでから相手がこっちを見るまで、
数秒待ってから話しはじめるだけでも聞き逃される可能性はグッと減ります。



あなたが訊き返されるとあまり気分がよくないように、
相手だって何度も訊き返すと会話するのが億劫になってしまいます。

「どうすれば相手が聴きやすくなるかな?」という気遣いをすることも、会話を盛り上げるうえでは大切なんですね。

呼びかける

話し方教室ハナサク会話堂