「深い関係になれない!」を変える3つのポイント

こんにちは!
話し方教室ハナサク会話堂 講師のさとです。


というわけで、今回もはじまりました!
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

人と深く付き合えません。対処法などあれば教えてください。
Hさん(30代男性)


「出会った人と深い関係になれず、その場限りで終わってしまう…」

「知り合いレベルの人はいるけど、友達と呼べるほどの仲になれない…」

「何年も友達や恋人ができず、休日はほとんど一人で過ごしている…」

口下手さんの多くが抱えている悩みだと思います。

そこで今日のハナサクブログでは、
深い関係を作る3つのポイントについてお話ししていきます!



深い関係を作るポイントその① 人がらオープン会話をしよう

このブログやHP、そして講座中にもしつこくお話ししていますが、
口下手さんがなかなか他人と親しくなれない一番の原因。

それは、

「よくわからない人だから」

です!

  • 当たり障りのないことしか話さない
  • 自分の意見を全く言わない
  • 感情を表に出さない

こんなコミュニケーションばかりとっていたら、
あなたがどんな人間なのかまるでわかりません!

だから周りの人たちは

「よくわからない人だな~」
「なんか話しかけづらい人だな~」

と感じて距離を置いてしまいます。

もっと気持ち人となり、そして今までどんな人生を送ってきたのか

そんな自分自身の人がらを伝えていきましょう!

あなたがどんな人間なのかがわかれば、きっと興味を持ってくれる人は増えますよ。

人がらオープン

人がらをオープンにする会話のコツは、
ぜひ雑談力講座『ハナサクエスト』で習得しましょう( ^ー^)ノ



深い関係を作るポイントその② 共通点の話しをしよう

「共通の話題を見つけましょう」

コミュニケーションに関する本やサイトを読むと必ずと言っていいほど書かれていることなので、
新鮮味のないつまらないアドバイスかもしれません…。

が!

やっぱり共通点の話題って、
誰かと親しくなりたいのなら一番間違いのない話題なんですよね。

「共通点なんかなくてもオレの話術で盛り上げられるぜ!」
なんていうユーモアセンスとトーク力に自信のある方ならともかく、

会話が苦手な口下手さんであれば、
なおさらセオリー通りに実践することって大切だと思います。

「どうも自分は共通点探しが苦手だ…」

という方は、
次のことにチャレンジしてみましょう!

  • 共通点を見つけたら、どんなに小さなことでも「一緒ですね!」と食いつく
  • 気になっているけど先延ばしにしていたこと(気になっているスポット、映画、マンガ、食べ物など)を体験して、共通点が見つかる確率を上げる
  • 誰にでも共通することを話題にする(天気や季節、今いる場所など)
  • 相手のオススメを訊いて体験して、意図的に共通点をつくる

共通点



深い関係を作るポイントその③ 自分から連絡をとってみよう

オフ会などのイベントごとで知り合ったり、
共通の知人の紹介で知り合ったり。

そんなプライベートで出会った人と「また会いたいな」と思っていても、

「私なんかに誘われたら迷惑かも…」

そう思って連絡を取れない内向型さんは多いのではないでしょうか?

「向こうから連絡してくれないかな~」と相手任せにしていませんか?

で、連絡が来ないと

「やっぱり私になんか興味持ってくれないよね…」

と落ち込んで、ますます人付き合いに消極的になってしまったり。

でも、ちょっと考えてみてください。

内向型さんが仲良くなりたいと思う人って、
同じく内向的である場合が多いと思います。

つまり、

相手も本当はあなたとまた会いたいと思っているのに、自分から連絡できずにいるかもしれません。

関係を続けたいと思ったなら、その気持ちを大事にして自分から一歩踏み出してみましょう!

誘うといっても、いきなりテーマパークで丸一日いっしょに遊ぶとか、
そんな大げさなことをする必要は全くありません。

1〜2時間くらいカフェでお茶するとか、
そんなことで十分です。

むしろ時間が長すぎてだれてしまうくらいなら、
あえて短めの時間設定にして「もうちょっと話したかったな」と感じるくらいのほうが関係も長続きしますよ!

もし二人きりだと緊張してしまうなら、
最初は共通の知人を誘って居酒屋に行くのでもOKです。

誘うためのハードルは、低ければ低いほどいいのです!

連絡を取る



話し方教室ハナサク会話堂