人見知りはどれくらいアピールすべき?

こんにちは!

最近、ハナサク会話堂はTwitterをはじめました!

Twitterはじめました

普段Twitterを使う習慣がないので(一応アカウントは持っていますが…)、ハッシュタグをつけるだけでも恐る恐る操作していました(~_~;)(笑)

ハナサク会話堂 講師のさとです。



というわけで、はじまりました!
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

人見知りアピールばかりしていると、ネガティブな人という印象を持たれないか心配です。
Oさん(30代女性)




人見知りをアピールする目的

以前ブログでも書きましたが、ハナサク会話堂は基本的に「人見知りアピール推奨派」です。


もちろん会話の中身がいつも人見知りキャラにまつわる話しばかりではネガティブな人(というより「この人、人見知りネタしかないの?」)と思われてしまうかもしれません。

でも、普通に会話してたらそんなことってありませんよね?

今日の天気とか、週末何してたとか、好きな食べ物はなんだとか、そういう話題もしますよね?

講座では人見知りネタばかりを披露しあう時間もありますが、それは講座だからです。

日常の会話では、当然ふつうの雑談がメインになります。

人見知りネタはあくまで、

「私は人見知りなので大人しいことも多いですが、決して付き合いを拒否しているわけじゃないんですよ」ということをアピールするため

そうすることで

『人見知りキャラ』として認めてもらい、内向的な性格のままでも仲間として受け入れてもらうため

にするものです。

人見知りキャラとして受け入れてもらう

毎日のようにアピールする必要はありません。

もちろん、初対面のころはあなたのキャラを印象づけるためにもぜひアピールしてもらいたいところですが、

例えば、仕事で頻繁に会う人たちに対してであれば、キャラが浸透するまでは週に一回。

浸透してきたな~と感じたら(人見知りをいじられることが出てきたら)、月1、2回程度できれば十分だと思います。

(もちろん、あなたの人見知りネタを気に入ってくれる人がいるなら、その人にはもっとたくさん話してOKです!)



深刻な空気を出さない

また、ネガティブだと思われないかどうかの分かれ目として、
アピールする時の話しぶりも大いに関係してきます。

例えば、暗いトーンで、無表情で、淡々と

暗~い雰囲気

「僕、昔からすごく人見知りで…。夜、自宅で一人飲んでたりすると、このまま死ぬまで独りぼっちなのかな、とか考えて憂鬱な気持ちになっちゃうんです…。」

なんて話されたら…?

これでは相手が「暗っ!」「重っ!」って引いてしまっても仕方ありませんよね(~_~;)

自分の欠点やコンプレックスをネタとして話すときには、深刻な雰囲気を出さないことがポイントです!

じゃないと相手も気を使っていじれなくなってしまいますからね。

本当は深刻に悩んでいたとしてもいいんです。

だけど雑談の場で話すときだけは、知人のことを話すくらいの気持ちで話してみましょう!

あっけらかんと話そう

そうすれば、自分のマイナス面を出していったとしても、「ネガティブな人」なんて思われません。

むしろ「自然体で親しみやすい人だな」と感じてもらえることが増えるはずです(^^♪