「いい人」は「どうでもいい人」?

話し方教室講師さと

こんにちは! ハナサク会話堂 講師のさとです。

スタバはドリンクを自分好みにカスタマイズできることで有名ですが、僕はそんなものはしたことがありません。

だってトンチンカンな注文しちゃったら恥ずかしいじゃないですか!(笑)

「スターバックスラテノトールサイズデ!」
これだけを頭に叩き込んでレジに向かいますε≡≡(`・ω・)ノ



そんな僕たち内向型人間は「人からどう思われるか」に敏感な人が多く、ついつい他人の目を気にして行動してしまうことが多々あります。

例えば、

本心ではないのに人の意見に賛成してしまったり、

自分の希望を言えず人と同じ選択をしてしまったり、

苦手な人にもいい顔をして付き合ったり、

本当は手一杯なのに頼まれごとを断れなかったり。

あなたも、嫌われることを恐れてつい「いい人」を装ってしまっていませんか?



もちろん、人から嫌われたくないと思うのは、人として当然の感情です。

ですが、その思いが強すぎて常に人に合わせて行動するようになればなるほど、あなたの個性はどんどん死んでいってしまうのです…。

死んでゆく個性…



自分を出さないと特別な関係は築けない

僕はよく講座で

「人は基本的にわかりやすい人が好きなものです」

「口下手を克服するとは、一言でいえば『よくわからない人から卒業すること』です」

といった話しをします。

周囲に合わせているだけの人とは、まさに「よくわからない人」です!

あなた自身の意思が見えなければ、友達や恋人を作るのは難しくなってしまうし、職場でも仕事の連絡以外ではなかなか話しかけてもらえなくなってしまいます。

いい人なんだけど、自分の意見がなくてロボットみたい

こっちに合わせてくれて楽なんだけど、なんか一緒にいてもつまらない

そんな風に思われてしまう危険があるということです!

よくわからない人は好かれにくい



自分の人がらを見せていこう

とはいえ、自己主張が苦手な内向型さんに「他人に会わせるだけでなく、もっと自分の意見も伝えていこう!」と言ったところで、なかなか難しいところでしょう。

だからまずは、もっと簡単なことからはじめましょう。

それが、「自分の人がらを見せる」こと!

「私はこんな人間ですよ~」「こんなこと考えていますよ~」ということを、雑談の中で少しずつ伝えていくのです。

相手の言ったことに対してどうこう意見するわけではないので、人との衝突を恐れる方でもチャレンジしやすいと思います。

人間らしい一面を知ってもらえれば、相手に合わせることが少しくらい多くても「何を考えてるのかわからないロボットのような人」と思われることは少なくなります。

人がらオープン

レッツ・人がらオープン!



最高の人がらオープンネタ「内向型」

どんな人がらを伝えていけばいいのか?

もちろん、趣味とか好きなものを伝えるのもいいと思います。

ですが、

僕の一番のオススメは「内向型人間」という人がらです!

内向型をアピールしよう

口下手、人見知り、引っ込み思案、・・・。

自分自身のそんな性質を、あなたは大きな欠点だと思っているかもしれません。

人には見せたくない、できるだけ隠しておきたいと思っているかもしれません。

でも、ここはちょっとだけ勇気をだしてさらけ出してみましょう。

「自己主張が苦手で人の意見に合わせてしまう」
これをそのまま伝えたっていいのです。

「自分の意見を言うのが苦手で、つい人に合わせちゃうんです。お酒が苦手なんですけど、前の職場は飲み会のときみんな最初にビールを頼むので自分だけ違うのを頼みづらくて…。いつも飲み干すのに苦労してました。」

といったように、人と合わせることで起きた苦労話として伝えてみましょう!



これを続けていくとどうなるか?

あなたは「内向型キャラ」になれます!

おとなしいのも、内気なのも、自己主張できないのも、全てキャラになります。

内向型キャラになろう

わかりやすいキャラを持つことは、「よくわからない人」から卒業する一番の近道です。

だから今まで通りに人の意見に合わせてしまうことがあっても、「よくわからない人だな」ではなく、「元々そういうキャラだし、この人らしいな」と、個性として受け入れてもらえる可能性が高くなります。

「また一人で抱え込んでいないかな?」と、心配して気にかけてくれる人も出てくるかもしれません。

内向型であることを、ただの欠点ではなく「自分らしいキャラ」「あなただけの魅力」に作りかえてみませんか?

『ハナサクエスト 内向型の巻』では、そのための方法をお伝えしています!

内向型の巻へ

日程・申込