新しい試み― 雑談練習会ハナサクジム!

話し方教室講師さと

こんにちは!ハナサク会話堂 講師のさとです。

たまに思い立って筋トレを始めるものの、いつも気がついたら三日坊主になってしまいます(^_^;)

きっと明確な目標がないから続かないんだろうな~。



さて、以前ハナサクの生徒さんからこんなメールをいただいたことがあります。

さとさんは実際の現場で話をたくさんして練習することがとても重要だと言っていましたが、練習できる相手がいません。

あるサイトを見たところ、可能なら一日一時間くらいは話した方がいいと書いてありました。
一時間どころか酷い時だと全く話さない日さえあります。職場の人とは難しいし、家族ともそんなに話しません。

練習相手はどうやって見つけたらいいでしょうか?


日中は働いている社会人の場合、一番いる時間が長い場所は職場です。
なので職場の人たちと雑談する機会が作れそうなら、それが一番手っ取り早い方法ではあります。

とはいえ口下手さんの中には

「職場ではもう『しゃべらないキャラ』が定着しちゃって孤立気味だし…、今さら自分から話しかけるなんて不自然すぎてできない!」

なんて方もいらっしゃいますよね?

職場で孤立…。

「職場では孤立気味。頻繁に会う友達もいない。だから会話の練習を積む場がない…!」

そういう人って、実はすごく多いのだと思います。



それを解決するにはどうすればいいのか?ということですが、

こればっかりはもう、人と出会える環境に自分から出向いて相手を探していくしかありません!

抵抗がないなら、SNSなどで趣味のオフ会や、コミュ障同士の集まりなどを探して参加してみるのもよいと思います。
実際、僕は自分で口下手克服オフ会を企画して、月2回ペースで1年くらい続けていたことがあります。

オフ会はちょっとハードル高いな~と感じるなら、資格学校やカルチャー教室などでももちろんOKです。

でもやっぱり一番いいのは、

話し方教室に通っている人同士で集まって練習すること!

です(^ー^)



そこで今回、いつもの雑談力講座ではない新しい試みを行うことにしました。

それが―

講座ではないので講義はほぼありません。

生徒さん同士での会話練習をひたすら続けていく、まさに会話のトレーニングジムのようなイベントです!

僕としても実験的な試みなので、どれほど生徒のみなさんにとって有意義な会になるかはまだ未知数です。

ただ確実に言えることは、せっかく参加してもただ何となく誰かと会話して終わりにしてしまえば、あまり意味のない時間になってしまうでしょう。(それは講座だって同じですけどね(^_^))

逆に、きちんと目標を決めて取り組んでいただければ、きっと参加費以上の価値を感じていただける会になると思っています。

「ノウハウを学んだはいいけど練習する場がなくてなかなか上達が感じられないよ~(>_<)」

そんな悩みをお持ちの生徒さんは、ぜひこのハナサクジムをご活用ください♪