仲が深まるオススメ話題!昔からの付き合いのようになれる♪

画像の説明

こんにちは!

小学生のころはドッジボールが流行っていたけれど、ビビリなのでいつも逃げ回っていました(^_^;)
話し方教室ハナサク会話堂 講師のさとです。

「この人ともっと仲良くなりたいな~」と思ったとき、ぜひ話題にしてみてほしいことがあります。

それは何かと言うと、「子供時代の話し」です。

小学生のころの話し

過去を共有すれば親しくなれる!

子供のころの話しって、実はとても使いやすくて便利な話題なんですよ!
その理由が3つあるので今からお話しします。

① 未来の話題より過去の話題のほうが話しやすい

例えば、「今から5年後どうなっていたいですか?」っていきなり聞かれても、とっさに答えられる人って少ないですよね。
でも「子供のころの夢ってなんでしたか?」だったら、すんなり答えられると思います。

ちなみに僕の夢は、「電車の運転手」と「仮面ライダー」でした(^-^)
(仮面ライダーは今でもなりたいですが…(笑))

人って未来に関するよりも、過去のことのほうが楽に話せるものなのです。

とくに小学生の時とか、遠い昔の出来事だったら思い出として美化されているので、仮に当時は死にたくなるほど凹んだことや泣いちゃったことなんかも、今なら笑い話として盛り上がれるんですね。

② 子供時代のアホ話は単純におもしろい

子供のころって、アホなことたくさんしませんでしたか?

学校から家までずっと一つの小石を蹴って運んだり、
横断歩道の白い部分だけを踏んで渡ったり、
学校で大便をすると「ウンチマン!」とからかわれるから家までガマンしたり(;^ω^)

きっと今にして思えば意味不明な遊びや、くだらないことにもマジになっていましたよね。
そんな自分のアホ経験をネタに晒しあえば、絶対に相手と仲良くなれる気がしませんか?

③ 子供時代の思い出を共有すると親近感が湧く

出会ったばかりの人同士だと、当然ながらお互いの昔のことは知りません。

でも子供時代の話しを共有すると、脳が勝手に勘違いをするらしいです。

「あ、僕はこの人が子供だった頃のことを知っている。つまりこの人とは親しくて付き合いも長いってことなんだな~」って。

すると無意識のうちに相手に親近感を持つようになるので、自然と仲が深まるというわけです。

子供のころの思い出

普段の話題を過去につなげよう!

どうでしょう?
子供時代の話し、とっても楽しそうに思いませんか?

ぜひ、普段の会話をしているときも、意識的に過去の話題へと持っていってみましょう!

例えば好きな食べ物の話しをしていたら「小学校の給食で出てくるとテンション上がった献立ってある?」みたいな感じで。

きっと今よりも相手と仲良くなれますよ(^^♪

話題探しの巻へ
話題発見力を身につけたいあなたにオススメの講座はコチラ!