なぜ話し方教室に通うのか?

本・ネット・講座でノウハウは変わるのか?

画像の説明

こんにちは!

ショッピングモールをぶらぶら歩くのが大好きな、ハナサク会話堂 講師のさとです。

今の時代は、ネットで検索すればいくらでもコミュニケーションのノウハウを調べることができます。

また本屋さんに行けば、かならず「話し方」というコーナーがあり、たくさんのコミュニケーション本が並んでいます。

ネットの情報はほぼ無料だし、本だって一冊1500円程度。

では、これらの教材と、話し方教室・講座で教わる内容とには大きな違いがあるのでしょうか?

画像の説明

ハッキリ言ってしまうと、

ノウハウ(スキルやテクニック)自体はそう変わりません!

これはハナサクに限った話しではなく、世の話し方教室・講座のおそらく全てに対して言えることです。

なぜなら、(あえてこういう言い方をしますが)しょせんは会話だからです。

誰かに自分の話しをしたり、逆に相手の話しを聞いたり、
これらは上手い・下手に関係なくほとんどの人が日々やっている行動です。

だから、今さら誰も知らないような画期的な裏ワザなんて、そうそうあるわけがありません。
(もっと言ってしまえば、斬新すぎることは逆に的外れである場合が多いです(^^;)

教わってみればきっと、「たしか前に読んだ本にもそんなこと書いてあったな~」とか「職場の○○さんもこのスキルよく使ってるかも」、そんなノウハウもきっとたくさんあると思います。



実際、僕も超口下手だった頃にいくつかの教室・講座に通ってみましたが、正直ノウハウだけを見れば特別変わったことは教わりませんでした。
(それ以前に僕が話し方の本を何十冊も読んでいたせいもあるかと思いますが…(-_-;))

だからといって、僕が「知ってることばかりでお金のムダだったな~」と感じたのかというと…

実は、全くそんなことはありません!

「行ってよかったな~。勉強になったな~。」と感じ、その後も同じ講座を何度もリピート受講したことすらあります。
(でなきゃ自分でも教室を開こうなんて思いませんからね(^^;)

画像の説明



話し方教室に通うメリット

「ネットや本で得られる情報がほとんどなのに、わざわざ話し方教室に通うメリットなんてあるの?」と、あなたは思うかもしれません。

これはあくまで僕の考えですが、
講座の役割というのは「ただノウハウを伝えるだけ」ではないと思っています。

それだけならば本当にネットで十分です。

「ノウハウは調べたから知っている。でもできない!やり方がわからない!何から始めていいのかわからない!だから結局、何も変わらない・・・」

そんな人って、実はとても多いんじゃないでしょうか?

その人たちに道を示し、「できない」から「できる」に変わってもらう場であること!

仮にその日のうちにはできなくても、明日から具体的に何をすればいいのかが明確になる場であること!

「がんばってチャレンジしてみよう!」と前向きな気持ちになれる場であること!

それが教室・講座の役割だと僕は思っています。

画像の説明

他にも本やネットでは得られないメリットとしては、

  • 同じ悩みや目標を持った人たちと知り合える
  • 講師に直接質問できる
  • 効果的な練習メニューを体験できる

などなど、挙げてみればたくさんあるものです。

あなたも教室通い、はじめてみませんか?