人と会話するときの緊張を和らげる意外な方法

ハナ相 第12回「会話の緊張を抑える秘けつ」

こんにちは!

有隣堂書店で文庫本を買うときブックカバーは必ずライトブルーを選ぶ、ハナサク会話堂 講師のさとです。

というわけで、はじまりました!
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

あまり親しくない人と話すとき、緊張してうまく言葉が出てきません。よい方法はありますか?
Tさん(30代男性)



「初対面の人や目上の人、異性と会話しようとすると、緊張しちゃっていつも以上に会話がぎこちなくなってしまう(~_~;)」
そんな悩みを持つ口下手さんは多いと思います。

僕も学生時代は先輩や先生に自分から話しかけることが全くできなかったので、きっと「可愛げのないヤツ」と思われていたことでしょう…。


そこで今日は、緊張を和らげるちょっと意外な方法をお伝えします!

画像の説明,80%



緊張したら何をする?

例えば、あなたは会社の朝礼で、社員みんなの前で3分間スピーチをしなきゃいけなくなったとします。

通勤電車に乗っているときから、あなたの心臓はバクバク鳴りっぱなしです。
心なしかお腹も痛くなってきた気がします。

「やばい、めっちゃ緊張してる~!何とかして少しでも緊張を抑えなきゃ(゚Д゚;)」

さて、あなただったら、朝礼がはじまる前にどんな行動を取りますか?

お茶を飲む、ストレッチをする、手のひらに「人」と書いてのみ込む、…。


自分なりの対策(というか悪あがき?)を持っている人もいるかと思いますが、「深呼吸をします」という人は結構多いんじゃないでしょうか?




実際、深呼吸にはセロトニンという心のバランスを整えるホルモンを増やす効果があり、リラックスしたいときにはとても有効なんだそうです!

ちなみにセロトニンが不足すると、緊張しやすくなるだけでなく、ストレスが溜まりやすくなったり、うつ病や不眠症になりやすくなると言われています。

【 補 足 】
セロトニンを増やす方法には深呼吸以外にも、日光を浴びる、軽く運動する、よく噛んで食べる、などの方法があります! ぜひ実践してみましょう♪


でもそうは言っても、

大勢の人前でスピーチをする前なら色々と対策もできるけど、会話なんていきなり始まるものだし…

相手の目の前で深呼吸するのも「あなたと話すのはストレスです」って言ってるみたいで感じ悪いし…

そうそうやるチャンスないじゃん!って思いませんか?




大丈夫です!

たった一つのポイントを意識するだけで、普段の呼吸がグッと深くなる方法があるのです!

画像の説明,80%



呼吸を深くする意外なポイント

実際に体験していただくのが一番手っ取り早いので、あなたも読み進めながらやってみてくださいね。



まず、仏頂面になってください。
そして口をへの字に曲げた状態で腹式呼吸してみましょう。


すぅ~、はぁ~。


なんだか胸につっかえる感じかして、あまり空気が入らなくないですか?



では続いて笑顔になります!
両端の口角をくっと上げてもう一回腹式呼吸をしてみましょう。


すぅ~~~、はぁ~~~。




…違いは感じられましたか?

きっと口角を上げたときのほうが、お腹に空気がたくさん入ることが感じられたと思います。


そう、普段の呼吸を深くする方法、それは笑顔です!

画像の説明,80%

表情を変えただけなのに、呼吸の深さには大きな違いが出るのです!

これってすごくないですか!?
僕は初めてこの違いを知ったとき、めちゃめちゃ感動しました(≧▽≦)(笑)

笑顔&腹式呼吸を心がける。

たったこれだけで呼吸が深くなるので、今よりもリラックスして会話に望めるようになるのです!


これは僕が知るかぎり、一番簡単かつ自然にできるリラックス法です。




ぜひ人と会話する時だけじゃなく、街中を歩いているときやスマホをいじっているときなど、普段から口角を上げる意識をしながら生活してみましょう。


セロトニンが増えることで、リラックスできる以外にも、ストレス軽減や快眠効果など、ステキな特典盛りだくさんです!

そしてもちろん、表情も明るくなるので、あなたの第一印象も魅力的になっていきます!




いいこと尽くめすぎて、やらなきゃ損って気がしませんか?

今日からチャレンジしてみましょう(o^―^)ノ