オープンクエスチョン/クローズドクエスチョンってそんなに重要?

画像の説明

こんにちは!

もう今年が半分終わってしまったことに驚きを隠せない、ハナサク会話堂 講師のさとです。

「質問には2つの種類があります!」

こう言うと、今まで会話の勉強をしてきた方はピンとくるかもしれませんね。

「2つってことは、『クローズドクエスチョン』と『オープンクエスチョン』だな!もう知ってるぜ!!」って。




ところがドッコイ!


僕が開催している講座では、「クローズドクエスチョン」と「オープンクエスチョン」は一切やりません!!

オープン/クローズはやらない!?



「クローズド/オープンクエスチョン」とは?

そもそもこの2つの質問はなんなのか?という解説をまずしたいと思います。


「クローズドクエスチョン」とは、イエスとノーの2択で答えられる質問です。

「ラーメンは好きですか?」とか「昨日は残業だったの?」なんてのがそうですね。


クローズドクエスチョンの特徴としては、

  • 2択なので話し手は答えやすい
  • 「はい、好きです」など答えが一言で終わってしまう場合が多く、会話が広がりにくい
  • 上記2点の特徴ゆえ、最初のとっかかりの質問に向いている

と言われています。



対する「オープンクエスチョンは、2択で答えられない自由度が高い質問です。

「どこのラーメン屋が好きですか?」とか「週末はどこに行ったの?」といった感じです。


オープンクエスチョンの特徴は、

  • 会話が広がりやすい
  • 答えの自由度が高い分、話し手が口下手だったり、まだ打ち解けていない状態だと答えにくさを感じる場合がある
  • 上記2点の特徴ゆえ、少し会話して打ち解けてから使うのがよい

などがあります。



クローズド/オープンの使い分けでそんなに変わるもの?

冒頭に書いたように、ハナサク会話堂の講座ではクローズド/オープンクエスチョンは一切扱っていません。


なぜなら、僕自身がその2つを使い分けるメリットをあまり感じないから。




クローズドクエスチョンの特徴の一つに、「イエスかノーの2択だと、相手が『はい』と一言答えて終わってしまう場合が多く、会話が広がりにくい」というのがありました。

でもそれって、オープンクエスチョンでも同じことが十分に起こりえます。


例えば…

私:あれ?そのスニーカー、おニュー?(まずはクローズドから入る)
相手:はい、そうなんです。
私:いいね!どこで買ったの?(オープン)
相手:横浜のマルイです。
私:へぇ~。マルイってちょっと高そうなイメージだけど、いくらくらいしたの?(オープン)
相手:一万円くらいですよ。
私:そうなんだ。
相手:…。
私:…。(会話が続かない!)

といった感じに。



逆に相手がおしゃべりだったら、クローズドクエスチョンだって勝手に話しを広げて話しはじめます。

私:あれ?そのスニーカー、おニュー?
相手:そうなんですよ!気づきました? これはこの前、横浜のマルイに友達と行ったんですけど、その時に…(以下略)。

実際、おしゃべり好きな方と会話すると、こんな感じで「1」訊いても「10」帰ってくることがしょっちゅうです(^_^;)

おしゃべりさん

「クローズかオープンか」を使い分けるメリットが全くないとは思いません。

例えば「セールスで新規のお客さんから要望を引きだしたい!」とか「部下の仕事に対する本根を知りたい」なんて時は、「まずはクローズドクエスチョンから入って…」といったように順序立てて進める意味もあるのでしょう。

でも普通に雑談を楽しみたいだけだったら「そんな細かいこと気にせず、訊きたい質問を好きにすればいいんじゃない?」というのが僕の考えです。

(そもそもクローズド/オープンクエスチョンってコーチングのスキルなので、雑談とは趣旨がちょっと違う気がします。)




会話を盛り上げる質問ができるようになりたいのなら、「クローズかオープンか」よりももっと重視すべき基準があるのです!


長くなりそうなので続きは次回に(^^)/


質問の巻へ
質問力を身につけたいあなたにオススメの講座はコチラ!