質問力は会話を続ける万能スキル!

口下手さんほど質問力を身につけよう!

画像の説明

こんにちは!

メールを送ってしばらく返事がないと「何か変なこと書いちゃったかな…」と不安でたまらなくなってしまうほどチキンな、ハナサク会話堂 講師のさとです。


みなさんは普段、人の話しを聴くときに質問使っていますか?

もしも質問をしないで「ふんふん」とうなずいているだけだとしたら、それはとてももったいないことです。

なぜなら質問は、「会話を続ける万能ワザ」だから!




質問をすれば、よっぽどおかしなことを訊かないかぎり相手の人は答えてくれます。


そう、質問とは「相手をしゃべらせるスキル」。


つまり口下手さんが会話を続けたいと思ったときに、一番即効性があり役立つスキルでもあるのです!




実際、元・超口下手な僕は、今でも話すネタを見つけるのが正直あまり得意ではありません。

けれど、自分のネタが見つからないときでも、質問を使うことで無理なく会話を続けることができるのです。

画像の説明

質問されるのは嬉しいこと

質問してあげることは、話し手からしてみても良いことです。


自身に置き換えてみればよ~くわかると思いますが、せっかく自分が一生懸命に話しをしているのに相手から何も訊かれないのって、やっぱりちょっと寂しいですよね?

「僕の話しなんかには全く興味ないのかな~」って、話すモチベーションも下がってしまいます。




そう、一般的に人から質問されるのって、とっても嬉しいことなんです!


それはつまり、「あなたの話しをもっと詳しく聴かせてください!」というメッセージだから。


相手にイキイキとしゃべってもらうには絶対に必要なことです。




もちろん、何でも質問すればいいというものでもありませんけどね。

恋人がいない人に「どうして恋人つくらないんですか?」なんて訊いたら、ほとんどの人はムッとすることでしょう。
「つくらないんじゃなくて、できないんじゃ!!」って(笑)


こういうデリカシーのない質問がNGだってことは誰しもわかると思いますが、他にも気をつけていただきたいポイントがいくつかあります。




このブログでもおいおい書いていこうと思いますが、実践を通して学びたい!という方は、ぜひハナサクストの「質問コース」を受講してみてくださいね♪

質問コースへ
質問力を身につけたいあなたにオススメの講座はコチラ!