共通点は二人の間の壁をこわす!

なぜ愛犬は飼い主に似るのか?

画像の説明

こんにちは!

小食なので「やよい軒」に行ってもご飯がおかわり出来なくて損した気分になってしまう、ハナサク会話堂 講師のさとです。


よく「愛犬は飼い主に似てくる」って聞きますよね?

公園で犬の散歩しているおじいちゃんの愛犬を見ると、だいたい顔がそのおじいちゃんそっくりだったりします(笑)

また、顔が似ていなくても「おっちょこちょいな人の愛犬は同じくおっちょこちょい」なんてこともよくことです。


仕付け方によって似てくる部分もあるそうですが、そもそもは「最初から自分に似ている犬を無意識のうちに選んでいるから」っていうのが一番の理由らしいですよ!


…「さんま御殿」でさんまさんがそう言ってました(笑)

画像の説明

ペットがそうなんだから人間関係も同じです。
似たもの同士は自然と惹かれあうものなんですね!

誰だって自分と似た部分を持つ人に対しては親しみを感じます。


つまり、
共通点を見つけることは、相手との距離を縮めるカギとなるのです!



親友になれる3つの条件

僕が大好きな、ひすいこたろうさんの本で「親友になれる3つの条件」というのを読んだことがあります。

何だと思いますか??




一つ目はもちろん、「共通点を見つけること」。




二つ目は…
共通点をもう一つ見つけること」。




そして三つ目は…
共通点をさらにもう一つ見つけること」です!

…期待していた人、ごめんなさい(笑)


まぁとにかく、

「共通点が3つあれば親友になれる」

なんて言葉もあるくらい、仲良くなりたい相手との共通点を見つけることは大切ってことですね!

画像の説明

些細な共通点でも効果バツグン!

レアな共通点を無理して探す必要はありません。

もちろん、レアであればあるほど、仲間だとわかった瞬間の感動も大きいのですが、そのあたりは運も絡んでくるので…。

共通点の持つ力がすごいところは、すごく些細なことでも効果抜群ということです!




例えば、僕は11月7日生まれなんですけど、知り合って間もない人から

「私、11月3日生まれなんですよ。近いですねー♪」

なんて言われると、無条件に「この人はきっといい人だ!」と思って気を許してしまいます(笑)


冷静に考えてみると四日も離れてるし、共通点と言っていいのか微妙ですけどね(^^;

それでも何となく相手とわかりあえた気になってしまうほど、共通点の持つ連帯感って強力なものなんです!




ぜひ、普段の会話から相手との共通点を見つけたら、

「あぁ!一緒ですねぇぇぇ!!」

って、ちょっと大げさなくらいにアピールしてみましょう!


たったこれだけで、仲良くなるスピードが段違いになりますよ♪

画像の説明