自分を嫌ってくる人との接し方

ハナ相 第9回「自分を嫌っている人との接し方」

こんにちは!

Amazonプライムに入ったら色んなアニメや映画が見放題でついつい見入ってしまう、ハナサク会話堂 講師のさとです。

というわけで、はじまりました!
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

自分を嫌っている人とどう接していけばいいでしょうか?
Tさん(20代男性)




絶対の正解はない!

自分を嫌っている人とどう接していけばいいのか、これはすご~く難しい問題です。


一度「この人嫌い!」と思われてしまったら、なかなかその評価はひっくりかえせるものではありません。

また、「なぜ嫌われているのか?」、「どのくらい嫌われているのか?」、「相手は嫌いな人に対してどんな態度をとるのか?(無視するのか、露骨にイヤな顔をするのか、嫌がらせをしてくるのか)」…などなど、ケースによって対処法も変わってくると思います。


そして、結局どんな対処法をとったところで嫌ってくる人は嫌ってきます。

「この方法が一番」という正解はありません!




しいて言えば、気にしすぎて自分の神経をすり減らすくらいなら「距離をとって縁を切る」が一番の正解だと僕は思います(-_-;)




とは言え、相手が同じ職場の人だったりするとそう簡単に縁は切れませんよね。

そんな相手との関係を少しでも良くしたいのなら、「最低限やった方がいいこと」があるので、今回はそれをお伝えしていきます。

画像の説明

なぜ嫌われているのかを考える

まず、相手はあなたのどんな部分が気にくわないのか、心当たりを考えてみましょう。


性格? 話し方? 顔つき?
あのとき納期が遅れたから?
仕事でミスして迷惑かけたから?


考えてもよく分からないときも多々ありますが、そこから自分の問題点が見えてくるかもしれません。



明らかに自分に非があるなら改善する!

例えば嫌われている理由が「仕事ができないから」だったとしたらどうでしょう?

仕事が極端に遅くて、他の人より明らかにミスが多くて相手のストレスになっていたのだとしたら、それは当然あなたにも非があります。

お給料をもらって働いている以上、周りになるべく迷惑がかからないよう仕事のスキルを上げる努力はしなくてはいけません。


他にも例えば、いつも時間にルーズとか、いつもシャツがシワシワで清潔感がないとか、自分の仕事ばかりして周りを全く手伝わないとか。

そういう明らかに自分にも問題がある、そして多くの人に不快な思いをさせる可能性があると思った場合は改善できないか考えてみましょう。

画像の説明

人間である以上、好き嫌いは必ずある

もしも顔とか性格とか、努力してもそうそう変わらない部分が嫌われている原因だと思ったのならば、もちろん無理に変える必要はありません。

というか変えられませんし…。

人間なんだから、どうしたって好みはあります。
誰からも好かれる人間なんて、この世に一人もいません!


それは芸能界で考えてみればよく分かります。

あなたにも嫌いな芸能人、見たらすぐチャンネルを変えたくなる芸能人が一人や二人はいると思います。

「なんでこんな性格悪そうな人がテレビに出続けられるんだろう…」なんて思ったりしますよね?

でも、そんな芸能人にもたくさんのファンがいるものです。
「この人なら視聴率が取れるだろう」、そう思ってテレビ局も起用します。
(たまに事務所のゴリ押しで出続けてる人もいますけどね…(;’∀’))

でなきゃ競争のはげしい芸能界で活躍することなんてできません。


それだけ人の好みはバラバラということです。


「誰からも好かれる人はいない、逆に誰からも嫌われる人もいない」

まずはその当たり前の事実をしっかりと認識しましょう!

そうすれば、たまにそりが合わない人が現れても過剰に気にすることはなくなるはずです。



嫌われていても最低限は他の人と同じように接する

ここからは「自分を嫌っている人とどう接していけばいいのか?」について書いていきます。


まず、嫌われているからといって「過剰に相手を避けること」はオススメしません。
そういう行動は余計に関係を悪化させます。

表面上は他の人と同じように接しましょう。


とはいえ、無理して世間話をふったりする必要はありません。
相手だってあなたと仲良くおしゃべりしたいとは思っていないはずなので。

そこまではしなくていいので、会ったら挨拶をするとか、業務上必要な連絡はきちんとするとか、「進んで関わる気はないけど拒絶はしてませんよ」というスタンスが一番間違いがないと思います。



言葉より行動で示す

「どうしても今より相手といい関係になりたい!」と思うのなら、言葉ではなく行動で好意を示してみましょう。

例えば、重い荷物を運んでいるのを手伝ってあげたり、自分か相手のどちらかが面倒な仕事をしなきゃいけないときに率先して引き受けたり。

画像の説明

親切をされたら誰だって悪い気はしないはず。

相手にも良心があれば、「嫌ってることを知ってるはずなのに手伝ってくれるなんて…自分がちょっと大人げなかったかな…」と今までの行動を恥じて態度を柔和してくれるかもしれませんよ(^^)




色々と書いてきましたが、はじめに言ったように何をしても嫌ってくる人はとことん嫌ってきます。

その人から好かれるためだけにあなたの人生はあるわけではありません!

どうか、そんなことで神経をすり減らさないようにしてくださいね( ^^)ノ