学んだスキルを自分のモノにするには?

ハナ相 第5回「学んだスキルを定着させる方法」

こんにちは!

iPhoneカバーはドナルド柄、ハナサク会話堂 講師のさとです。

というわけで、はじまりました!
ハナ相こと『ハナサク相談室』のコーナーです。

ハナサク相談室

このコーナーでは、生徒さんからいただいた質問に僕がお答えしていきます!

それではさっそく、今回の質問です。

会話をしていると、気をつけたいポイントになかなか意識ができません。
どうすれば意識を持っていけるでしょう?
Iさん(20代男性)



ハナサクエストをはじめとする講座に参加したり、コミュニケーションに関する本を読めば、当たり前ですがたくさんの会話スキルやテクニックを学ぶと思います。

だけどいざ、普段の会話中に学んだスキルを実行しようと思っても、会話を続けることにいっぱいいっぱいでそこまで意識がまわらない…。
「そういえば!」と気がついたときには会話が終わっていた、の繰り返し…。

そんな経験、誰しもあると思います。
もちろん僕も、口下手克服を決意してすぐのころは同じ体験を何度もしました(;'∀')


どんなに効果的なスキルを学んだとしても使いこなせなかったら全く意味がありませんから、口下手を克服する上で何としても解消したい問題ですよね!




ポイントは2つあると思います。
順番に解説していきます。



ポイント① 簡単なことから一つずつやる

auto-FnhzFP.jpg

会話スキルにも難易度があるもので、当然ながら難しいスキルほど「意識して実行する」とか「何度もチャレンジする」ということが必要になってきます。


なのでまずは「簡単なスキルからチャレンジする」ことがオススメです。

例えば聴き方のスキルならば「意識してしっかり頷く」とか「相手の話に合わせて数種類のあいづちを使い分ける」とか。

そういう簡単なことであれば、ほんの少しでも意識がまわれば無理なく実践できると思います。


成功のカギは「一つずつ」やることです。
人は複数のことを同時進行で考えるのは得意ではありません。

だから一度にあれもこれもと欲張ると、結局、何もできずに終わってしまったりします…。

「今週はトコトンあいづち!」と、一つテーマを決めて日々の生活を送るようにしてみましょう(^^)ノ


スマホのメモ帳などに身につけたいスキルをリスト化しておくと整理できていいですね♪

続けていくと、いずれ自然と意識しなくてもできるようになっていきます。
そうしたらリストから削除して、次はもうちょっと高レベルなスキルに挑戦していきましょう!



ポイント② 何度も繰り返し学ぶ

画像の説明

「会話が始まるとどうしても頭から抜けてしまう!」という方は、繰り返し繰り返し学ぶことが有効です。

当たり前ですが、繰り返した回数が多ければ多いほど記憶に定着していきますからね!




例えば、あなたには大好きで何度も見返したドラマや映画はありますか?

その大好きで何度も見返したドラマと、先週一回だけ見たドラマ。
よりハッキリとストーリーを覚えているのはどちらでしょう?
登場人物のセリフを多く言えるのはどちらでしょう?

もちろん何度も見返したドラマだと思います。
たとえ最後に見たのが1年前だったとしても、先週一回だけ見たドラマよりしっかりと記憶に残っているはずです。


「反復したことは忘れない!」
これはどの分野においても同じです!

もちろん同じ講座を受け直すのが一番効果的ではありますが、そこまでしなくてもテキストを読み返すとか、スマホのメモ帳に要点をまとめて何度も見るとか、そういうことでもOKです。




なかなか面倒くさいと感じることもあるとは思いますが、それも口下手を克服するまでの辛抱!

会話を楽しめるようになればあなたの人生はもっともっと充実したものに変わっていきますから、コツコツがんばっていきましょう(^^)ノ