話しかけるのが苦手なら、話しかけやすい人になろう!

画像の説明

こんにちは!

なぜか街中を歩いているとちょいちょい聖書の勧誘を受ける、ハナサク会話堂 講師のさとです。


ときは2010年の春。

僕が今より10倍くらい口下手で人見知りだったころの話しです。
(10倍っていうとあたかも今はスゴイみたいな言い方ですが、当時が本当にヤバいくらい口下手だっただけです(;'∀'))


新卒で入った会社をわずか8カ月で逃げ出した僕は、口下手な自分を変えるためにスーツ屋さんでアルバイトを始めました。


ところが僕は、持ち前の人見知りを発揮してなかなかお客さんにアプローチができません(><)
とくに自分より一回りも二回りも年上のお客さんには怖くて自分からは近づけませんでした…。


どうしよう!


そんな僕がまず目標としたのが、「印象のいい人になろう!」でした。

画像の説明

緊張して自分からアプローチできないなら、せめてお客さんが話しかけやすい店員を目指そうと思ったんですね。

我ながらナイスセレクトだったと思います(^-^)v




はじめましてのとき、人は相手の雰囲気や印象を総合的に見て「自分に好意的に接してくれそうかどうか」を判断します。


例えば、あなた道に迷ってしまい、どうしても人に尋ねなきゃいけない状況になったとき。
どんな人に声をかけますか?

きっと、優しく教えてくれそうな雰囲気の人を選びますよね?
わざわざスキンヘッドでサングラスをかけたイカつい兄ちゃんに尋ねる人はいないと思います(笑)。


誰だって見た目の印象で相手の人がらをある程度予測してから、話しかけてみようかどうかを決めるはずです。


だから初対面のとき、ずっとうつむいていて「なんか暗そうな人だな~」と思われてしまったら…。

ヨレヨレの服を着ていて「不潔な人だな~」と思われてしまったら…。

本当はすごく気が合う者同士だったかもしれないのに、仲良くなるチャンスを自分から逃してしまうかもしれません!

ただでさえ自分から話しかけるのが苦手な口下手さん人見知りさんにとって、これは大きな痛手!


そんな事態を防ぐためにも、「話しかけやすい人」を目指してみましょう。
第一印象で弾かれない人になりましょう。




ちなみに、僕がイメージアップをオススメする一番の理由は「効き目の即効性」にあります。

ある程度の積み重ねが必要なコミュニケーション能力と比べれば、印象は少しの努力でもバンバン効果があらわれるので、真っ先に挑戦する分野として最適なんですよ!


ポイントは今後このブログでもたっぷり紹介していきたいと思います(^^)ノ