相手の自己重要感を高める秘けつ

画像の説明

こんにちは!

トランプを切れないほど不器用な、ハナサク会話堂 講師のさとです。

人からの親切を素直に受け取れるようになったら、今度は自分からお願いすることに挑戦してみましょう。


これまた人付き合いが苦手な人にとってはハードルが高いかもしれませんが、人って実は、相談されたり頼られたりするのってすごく嬉しいものなんですよ!
(もちろん限度はありますが(;^ω^))

画像の説明

人は生まれながらにして「自己重要感を高めたい」という欲求を持っています。
自己重要感というのは、「誰かに必要とされたい」、「自分のことを認めてもらいたい」、「人から尊敬されたい」といった気持ちです。
当然、この欲求を満たしてくれる人には好感を持ちます。

「お願いすること」は、まさに相手の自己重要感を高める一番の方法なんです!


そのお願いが相手の得意分野なら尚更です。
僕は洋服のコーディネートを考えるのが好きなので、友人に「洋服選びに付き添って!」と頼まれたりすれば、いつも喜んで協力しています。


お願いの内容はすごく軽いことでいいんです。

例えば、映画に詳しい人に「ストレス発散したいんだけど、思いっきり笑える映画ってある?」とか。
センスのいい人に「友達に誕生日プレゼントあげたいんだけど、何がいいかな?」とか。

そんな雑談の延長みたいな内容で全然OKです。




そしてここからがポイント。

後日、お礼を兼ねて結果を報告すること!
これがめちゃめちゃ大事です!!

訊くだけ訊いてそれっきりの人って意外と多いんですね。
僕は小説を読むのが趣味なので「オススメの本ってありますか?」とたまに訊かれますが、実際に「読んでみましたよ!面白かったです!」なんて報告に来てくれるのは5人中1人くらいだったりします。

だからこそ!
あなたはきちんと実行して、教えてくれた人に報告に行きましょう!

「ただ会話の間を持たせるために訊いたんじゃなくて、ホントにあなたのことを頼っていたんですよ」と態度で示してみましょう。


それだけで相手は「教えてよかった!またこの人の頼みなら力になってあげたいな♪」と喜んでくれます。

当然、そんな風に慕ってくれるあなたのことも好きになってくれるはずですよ(o^―^o)