好かれる人は「親切され上手」

画像の説明

こんにちは!

居酒屋に行くと真っ先に鶏のから揚げを注文する、ハナサク会話堂 講師のさとです。

好かれる人間になるには、人に親切することがいいってことは誰しも察しがつくと思います。

逆に意外と見落とされがちなのが「親切されたときの態度」です。

画像の説明

人付き合いが苦手な人は、どうも必要以上に遠慮してしまうことが多いようです。

「他人に迷惑をかけてはいけない!」という思い込みが強いのか、つい他人の手助けを「大丈夫です」と断ってしまいがち。
(そういう僕もついつい言ってしまいます(^_^;)


もちろん故意に人に迷惑をかける行動はするべきではありませんが、相手のほうから「手伝いましょうか?」と言ってきてくれた場合は別!
その厚意に甘えてみることも時には必要です。


いつもいつも断ってばかりだと相手も「ひょっとして迷惑がられてるのかな?」と感じて、二人のあいだに壁ができてしまいます。

そうなると話しかけづらい雰囲気ができあがり、軽い雑談さえもなかなかできない関係になってしまうかもしれません(X_X;)




それに、誰しも経験があると思いますが、他人に親切してお礼を言われるのって気持ちがいいですよね!

つまり、相手の親切を断るってことは、相手がいい気分になることを邪魔していることにもなるんです!!

そう考えれば、ちょっとは人に甘えることに抵抗がなくなりませんか?


信頼関係は、持ちつ持たれつで深まっていくものです。
今まで何でも一人でやろうとしてきた人は、無理のないところから人に甘えてみてはどうでしょう。

もちろん、親切されたらとびきりの笑顔でお礼を言うことも忘れずに!