人に好かれるには会話力だけが全てじゃない!

画像の説明

こんにちは!

待ち合わせするときは一時間以上前に現地に行ってカフェで時間を潰している、ハナサク会話堂 講師のさとです。

あなたはどうして口下手を克服したい、会話力をつけたいと思っているのでしょう?


友達がほしい、恋人がほしい、のびのび仕事がしたい。
理由はみなさん一人ずつにあると思いますが、きっと行きつく先はただ一つ。

誰かに好かれたいから」だと思います。


特定の誰かに好かれたいという人もいれば、とにかく多くの人から好かれたいという人もいるかと思いますが、少なくとも「死ぬまで一人でいたいから誰からも好かれなくていい!」なんて思っている人はこのブログに辿りついていないハズ。




さて、みなさんは誰かから好かれたいと思っています。
そのために口下手を克服して楽しく会話できるようになる、もちろんそれもとーっても大切です!

ぜひがんばって会話力を身につけましょう!
(できればハナサク会話堂で(-^□^-)笑)


でも世の中には、口下手だけど周りからすっごい好かれてる人もいます。

その一方で、高い会話力を持っているにもかかわらず嫌われてしまう人もいます。

その違いは、いったいどこにあるのでしょう?




理由は色々あると思いますが、僕が思うに一番の違いは「周りの人たちを大切に思っている気持ち」を持っていて、尚且つそれをきちんと伝えているかどうかだと思います。


考えてみてください。

「約束を守らない人」 と 「約束を守る人」

どっちの人と一緒にいたいと思いますか?


「挨拶をしない人」 と 「挨拶をする人」

「不潔な人」 と 「清潔な人」

「自分勝手な人」 と 「気配りができる人」

「見て見ぬふりをする人」 と 「声をかけてくれる人」

どっちの人と一緒にいたいと思いますか?

画像の説明

…って、こんなふうに考えなくても答えは明らかですよね(^-^;


そう、誰かに好かれるには何も会話力を磨くことだけが全てではありません。


自分は周りの人たちに対して何ができるのか?

好感を持ってもらうにはどんな態度で接すればいいのか?

仮にずっと口下手なままでも、誰かにとって特別な存在になるにはどうすればいいのか?


答えはいくらでもあります。

考えて実践してみましょう!