平凡だからこそ伝えられること

画像の説明

こんにちは!

幼稚園のころの夢は電車の運転手、ハナサク会話堂 講師のさとです。


世の中の話し方教室の講師や、コミュニケーション本の著者の経歴を見てみると、ものすごい実績を持つスーパーマンがたくさんいらっしゃいます。

画像の説明

テレビ局のアナウンサー!

年収一千万越えのトップセールスマン!

銀座のナンバー1ホステス!


なんだかすごすぎて、遠い世界の人たちに感じてしまうのは僕だけでしょうか(~_~;)?




対する僕はと言えば、何もありません!!(笑)

超凡人です(だからハナサクで初めて僕に会う方もぜんぜん身構えなくて大丈夫ですよー(^^))。


学歴は三流の理系大学出身だし、資格も身分証としての出番しかない普通免許くらいしか持っていません。


人と話すことに慣れるために販売の仕事を何年もやっていましたが、成績優秀で表彰されたこともなければ店長になったこともありません。


そして肝心のコミュニケーション力も、最低レベルの口下手からようやく人並みになれた程度。




「前より話すようになったし明るくなったね」

「一緒に話してると落ち着く」

「さとさんって聴き上手だよね」

なんてホメてもらえることも増えたものの、会話の達人と呼ぶにはまだまだ未熟です。




口下手克服を決意したその時から、いずれは話し方教室を自分で開くことが夢でした。

だから思うように伸びない自分の会話力の低さを嘆いたこともあります…。




でも今は、こんな僕だからこそ伝えられることがあると思っています。

画像の説明

欠点は裏返せば強みになります。


「今も会話は苦手じゃないけど、仕事も恋愛も思うがままにできる達人レベルになりたい!」という人の希望に沿った講座は、今の僕にはできません。

だけど、
「とりあえず生きていくうえで困らない程度の会話力を身につけたい!」

「人並みに友達がいて恋人もいる人生を送りたい!」

「職場の人たちと打ち解けてのびのび仕事がしたい!」

「他の話し方教室で挫折しちゃったけど、やっぱりあきらめたくない!」

そんな人たちに合う講座なら、スーパーマンより僕のほうが適任かもしれません。




実際、スーパーマン講師が教える内容はレベルが高すぎて、「それはこの人だからできたんじゃない?口下手で引っ込み思案な自分にはゼッタイ無理!」なんて感じてしまうときもあるものです。




僕はハナサクをつくる前にも、予行練習として簡単な講座をやっていました。

そこによく来てくれた方に「他の講座では上から目線が強かったけど、さとさんは同じ目線で寄り添ってくれる」と言ってもらえたことがあります。


僕にとっては何よりも嬉しい言葉でした。
ハナサクでもこの姿勢を貫いていきたいと思っています。


平凡であることが僕の持ち味! 平凡こそが僕の武器です!